HOME   »  中世城郭  »  図解新府城(5) ~ 大手口

図解新府城(5) ~ 大手口

 新府城の第5話です。

新府城東面
 ここで新府城全体の中での、大手口の位置を確認させて下さい。

 図の奥側は断崖です。大手口は新府城北西に位置し、西側の断崖に面しています。

 断崖があることにより、攻城兵の展開が制限される場所にあります。

DSCF2724.jpg
 西出構付近から遠望した、大手口方面です。

新府城大手
 大手をアップにしたイメージ図です。この図は結構自信があります。

DSCF2772.jpg
 馬出と、帯郭の間の堀です。往時は馬出からPへ土橋がかかっていたと思われます。

DSCF2773.jpg
 結構、馬出がでかいんですよね。

DSCF2777.jpg
 大手の土橋が見えてきました。

DSCF2778.jpg
 攻城兵が何万人いようとも、この土橋を通過できる人数は限られています。

 バランスを崩したら、断崖から落下して命はありません。

DSCF2781.jpg
 前郭に入りました。枡形との間には門が設置され、門の上からは鉄砲の射撃が迎えてくれたはずです。

 「新府城第6話・大手馬出」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「山梨の城」
スポンサーサイト
Comment
Re: 実質大手(?)
M様 ご来訪ありがとうございます。

 木曾の寝返りが予想より早かったということですよね。
 甲陽軍艦では、高坂弾正さんが勝頼さんへ
 木曾があやしいから、小幡と木曾を配置換えさせましょうと進言して
却下されています。勿論、後付けでしょうけど・・・
実質大手(?)
発掘調査でも、風雲急を告げる信濃情勢に対して北側の普請を優先したようだ‥とありましたので、実質大手は北側だったのかも知れませんね。家康利用の時も同様で。

想定外のスピードで織田軍の侵攻・武田氏の瓦解が起こった事がわかります。
(変な質問をして申し訳ありません。)
Re: 力作ですね
M様 御来訪ありがとうございます。

 一般的には南側が大手とされているのですか?
 知りませんでした・・・ ご教授ありがとうございます。
 敵を第一に引き受けるのが大手であるとおもいまして・・・
 新府城は敵を北側に想定しているとおもいまして・・・
 勝手な思いこみですね・・・
 今更、図面とレポートを全て書き換える気力もないので、
今回はこれで通し、恥をさらしたいと思います。
力作ですね
イメージ図力作ですね。非常に分かりやすいです。
イメージ図を見ていると、小生は一般的に云われている
南側が大手で北側が搦め手に思えるのですが、逆になっている理由は何かあるのでしょうか?
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード