HOME   »  中世城郭  »  山方城(4) ~ 須賀谷原へ出陣

山方城(4) ~ 須賀谷原へ出陣

 山方城の第4話です。

DSCF3079.jpg
 北三郭への小口です。

*さて、上杉管領家から佐竹へ入った養子の後見人として、常陸に来た山方初代盛利も上杉一族でした。

山方城山城北
 木々で視界の良くない中でスケッチしましたので、違っていたら申し訳ありません。

 南二郭の方が高い位置にあるので、南二郭を本郭とする見方もあると思います。

*現地配布資料によりますと1488年、山方第三代俊治は、佐竹氏の名代として、軍勢を率いて国外へ出兵しました。

 佐竹家内での信任が厚かったのですね。


DSCF3078.jpg
 北二郭から見上げた、本郭の塁壁です。

 北側はスケッチに夢中で、写真を撮るのを忘れてしまった部分が多いですね~。

*当時の関東は、関東を二分する長享の乱のまっ最中でした。

 争いの図式は、関東管領山内上杉 VS 扇谷上杉&古河公方 でした。


DSCF3076.jpg
 本郭北側の土塁上に達しました。

*佐竹氏は、扇谷上杉&古河公方連合軍の側につきました。

 山方氏は管領山内上杉の血筋ですから、同族に刃を向けることとなったわけです。


DSCF3075.jpg
 南側から眺めた本郭です。

 50人ほどで最後のひと花を咲かせるには丁度良い面積です。

*両軍は、須賀谷原で激突しました。

(須賀谷原の場所には諸説あり、長年相模の国とされてきましたが、近年、武蔵の国菅谷城近くとする説が有力であるとされるようになってきました。)


DSCF3073.jpg
 「え」の穴です。申し訳ありません。図より「い」に近かったっですね。

 他にも面白い遺構が沢山あるのですが、写真にすると木に遮られて何が何だか判らなくなってしまうので、掲載は自粛いたしました。

 山城部のレポートはこれでおしまいです。

*須賀谷原の戦いは、扇谷上杉と古河公方連合軍が勝利しました。

 山方第三代俊治は、古河公方足利政氏から戦功を称されたということです。


山方城
 さて、ここで山方城全体を振り返ってみましょう。

 攻城兵が天然の堀、皆澤川をどうにか渡っても、根小屋には、三郭、二郭からの投石が雨あられと降り注ぎます。

 外郭と三郭の間の挟撃通路を登り、どうにか外郭を制圧しても、今度は山城部から背後を狙われます。 

DSCF3112.jpg
 北側から挟撃通路を撮影しました。写真の奥から通路を登って来ることになります。

 「山方城第5話・越後出陣」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「茨城の城」
スポンサーサイト
Comment
Re: お邪魔します
Butch様 御来訪ありがとうございます。

 山方城山城部はかなり藪っていました。
 それでも横入り小口の多重性がこの城の特徴であり、管領家の支配の及ぶ比企地方の
築城術を取り入れていることは理解できました。
 この城は、山城部と崖端城部との挟撃思考であると思います。

 浦佐城に行って頂きましたか? 嬉しいです。
 無名でありながら、塁壁の鋭さは特筆ものです。その塁壁の下を延々と攻城兵に進ませる
防御構想も見事です。

 さて、坂戸城に行かれた皆様はグロキーでしたか? 
 遺構を見る喜びと、それに費やす労力を天秤にかけると、?という噂を聞きますが・・・
 私は行ってないので何とも申し上げられませんね。
 でも、土の城マニアなのに坂戸城に行ってないの?と言われるのも癪なので・・・
 今年中には行きたいと思っております。
お邪魔します
こんにちは、数年前よりヤブってしまった様ですね。
当初は単純な砦程度と思い 山頂部から台地全体が望めるかなと思い期待もせず登ったのですが、逆にこちらの方に夢中になってしまいました。オタク度も高く かなり攻撃的な縄張りで拾い物でした。
「詰の城」とする資料もありますが?な位置関係ですよね(笑) 台地部と連繋しての挟撃体形ですよね。

今シーズンは賤ヶ岳遠征で〆の予定でしたが先日 魚沼方面に引っ張り出されました、樺沢、六万騎 訪城後 坂戸組と別れ五遁様推薦、未訪の浦佐城に単身行ってきました、ベストシーズンで 素晴らしい遺構を堪能出来ました、樺沢城と似ているかな~?(切岸が今後崩壊しないか心配ですね)
その後 坂戸組と合流したのですが、皆顔色悪く脱力状態(笑) 帰路の運転手になってしまいました。
それでは毎日ご苦労様ですがレポート楽しみにしています、失礼いたします。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード