HOME   »  中世城郭  »  馬坂城(2) ~ 大田城の支城へ

馬坂城(2) ~ 大田城の支城へ

 馬坂城の最終話です。

DSCF2925.jpg
 本城南側の塁壁です。

馬坂城
 「図説・茨城の城郭」掲載図面からおこしました。

 正確さよりも、ぱっと見の判りやすさを重視していますので、ご理解を願います。

DSCF2933.jpg
 本城北東部分の塁壁です。郭との間の堀には民家があり、撮影を自粛いたしました。

DSCF2928.jpg
 本城は広大です。

DSCF2929_20140408131215868.jpg
 解説版です。

*平安時代の末期、新羅三郎義光の孫、源昌義は久慈郡佐竹郷に永住し、佐竹氏を名乗り、馬坂城を築いた。

 佐竹第三代隆義が、太田城を築いて移ってからは、馬坂城には分流が配され、太田城の支城となったということです。


DSCF2935.jpg
 本城の西側と堀です。西城の東側は大藪で進入できませんでした。

DSCF2937.jpg
 堀底です。

DSCF2943.jpg
 西城の西側は、宅地化により破壊されていました。

*破壊部分も多いのですが、残存する堀の幅は見事です。

 佐竹氏発祥の城を押さえておきたい方は、是非、ご訪問ください。

DSCF2901.jpg
 西側からの遠景でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「茨城の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード