FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  宇留野城(3) ~ 家の存続

宇留野城(3) ~ 家の存続

 宇留野城の最終話です。

IMG_4111.jpg
 二郭に入りました。

 二郭は航空写真で見ると大変広いのですが、林と藪が大半を占め、開けている部分には廃材が放置されており、全体像を把握するのは難しい、状態となっております。

IMG_4115.jpg
 二郭から西側の谷を見下ろしました。切り立った地形であることがうかがい知れます。

IMG_4131.jpg
 今度は谷底から見上げた、二郭の塁壁です。

 比高は20メートルはありそうです。

IMG_4116.jpg
 二郭から本郭方向を撮影しました。

 往時土橋だったところを広げて現在の道にしたのか? 

 道の無かった場所の土塁を崩して、現在の道にしたのか? よくわかりません。

宇留野城
*さて、宇留野義元から、部垂義元となり、佐竹宗家に反乱をおこした、困った養子の乱は12年も継続しました。

 「部垂12年の乱」と呼ばれています。


IMG_4117.jpg
 二郭と本郭を隔てる堀と土塁です。

*宗家、佐竹16代義篤は、那須遠征からの帰陣途中に部垂城を急襲しました。

 部垂(宇留野)義元、義元の養父宇留野義久、加担した小場義実が自刃して部垂城は落ち、乱は終結しました。


IMG_4119_2014033116273888e.jpg
 本郭には、日向神社が建立されています。

*自刃した宇留野義久の兄、宇留野義長は宗家の側に立っていましたので、宇留野家は存続しました。

 そもそも宇留野兄弟が敵味方に分かれたのも、「家の存続」の為の保険だったのかもしれませんね。

 佐竹氏が秋田に移されると、宇留野氏もそれに従い、大館城に入ったということです。


IMG_4135.jpg
 東側からの遠景でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「茨城の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード