FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  瓜連城(2) ~ 楠正家入城

瓜連城(2) ~ 楠正家入城

 瓜連城の第2話です。

 今度は東側の腰郭に来ました。

IMG_4179.jpg
 北側から「A」を撮影しました。

 写真右上の塁壁の折りが張り出し、「A」の部分で、通路をせまくしているのが見て取れます。

 「A」に門を設け、攻城兵の移動を制約していたのだと推察いたします。



瓜連城
 本郭への小口の下にBがあり、Bは二又小口のようになっています。

 重ね、ずらし、小口ですね。

IMG_4176.jpg
 ぐっとアングルを引きました。折れが幾重にも張り出しているのが見て取れます。

*1335年、陸奥南朝派の北畠顕家と義良親王は太平洋の海岸沿いに南下し、佐竹領へ侵入しました。

 佐竹貞義はこれを迎撃する為、兵を出しました。

 両軍は現日立市付近で、合戦を開始しました。


IMG_4177.jpg
 Bの下は、下からの登城路になっているように見受けられました。

*その時、常陸国人那珂通辰が佐竹勢の背後を突きました。

 前後を敵に囲まれた佐竹勢は敗走、山中の金砂山城に籠城しました。

 金砂山城は天然の要害で、南朝方はこれを攻めあぐねます。


IMG_4180.jpg
 Bから郭の小口を見上げました。斜め入りになっています。

*そこで南朝は、佐竹氏にとどめを刺すため、楠正家を瓜連城へ派遣しました。

 楠正家の入城は、1336年の正月であったとこことです。


IMG_4174.jpg
 郭内から小口を撮影しました。

 「瓜連城第3話・高師冬入城」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「茨城の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード