HOME   »  中世城郭  »  御前山城(3) ~ 屈曲小口

御前山城(3) ~ 屈曲小口

 御前山城の最終話です。

 いよいよハイライトの屈曲小口の登場です。

IMG_4075.jpg
 三郭から土橋が伸び、その先で右へ屈曲しています。

 土橋上では正面攻撃にさらされ、屈曲部では横からの頭上攻撃にさらされます。

御前山小口
 上の写真との整合性を確認いただけると幸いです。

IMG_4074.jpg
 Cの地点では、南郭からの通路と合流します。矢印のルートですね。

IMG_4072.jpg
 Bの小口です。この先が枡形ッぽくなっているのですが、藪で写真映えしないのでパスして、今度は本郭の北東方向に移ります。

御前山城
 守兵の多くは、普段平地に居住していて、敵兵が迫ると、この北東方向から城に登り、守備についたと思われます。

IMG_4049.jpg
 「あづまや」のある場所です。削平されており、郭であったと思われます。

IMG_4050.jpg
 「あづまや」の近くにある解説版によりますと、女帝であった孝謙天皇と道鏡がここ御前山に住んだという伝説があるそうです。

 築城者と築城年も記されていますが、あくまでも伝承に過ぎないようです。

IMG_4051.jpg
 本郭周辺は藪と化し、堀も浅く、写真映えしないので、これ以上の写真の掲載は割愛させて頂きます

IMG_4093_2014032411475651f.jpg
 南東方向からの遠景でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「茨城の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード