HOME   »  B級グルメ  »  酒づくりの森 ~ 秩父産葡萄ワイン

酒づくりの森 ~ 秩父産葡萄ワイン

  みなさん、こんにちわ。武蔵の五遁です。
 平成26年1月11日、「酒づくりの森」に行ってきました。
 埼玉県秩父市別所字久保ノ入1432にあります。 <アクセス>

DSCF2654.jpg
 「酒蔵資料館」があります。

 入場料200円を支払うと酒造りの歴史や、醸造過程の展示を見学できます。

DSCF2663.jpg
 イケ面の職人さんたちが出迎えてくれますので、ご婦人方も喜ばれることでしょう。

DSCF2664.jpg
 これは発酵したどぶろくの様な状態の酒を、袋に入れて圧縮し、澄んだ酒にする舟という装置だそうです。

 さて・・・

 今回、驚いたのは、係の方がお手すきであれば、追加料金なしで酒蔵も見学させて頂けるということです。

 これはお得です!


DSCF2660.jpg
 立ち並ぶタンクたち・・・ 他にろ過装置等もありました。

DSCF2658.jpg
 今回、ラッキーだったのは新酒の原酒が絞り出される現場に居合わせることができたことでした。

 芳醇な香りが満ち満ち、容器の中でくるくる回る原酒・・・・

 私は運転手なので頂けませんでしたが、 つれあいはクイクイと・・・

DSCF2655.jpg
 となりには「観光物産館」があります。是非、お立ち寄りください。

DSCF2667.jpg
 中には、日本酒の試飲コーナーがあります。

 私は運転手なので頂けませんでしたが、 つれあいは全種類を堪能しておりました・・・

DSCF2666.jpg
 ワインの試飲コーナーもあります。

 日本酒の仕込みと、ワインの仕込みの時差を利用して、醸造施設を有効活用しているのだそうです。

 実は、今回ここを訪問したのは、所沢の酒屋さんで買った、ここで醸造されたワインが美味しかったからなのです。

 最近は、輸入葡萄果汁を使用した安易な国産ワインが多く出回っていますが、ここは秩父産葡萄のみを使用した、こだわりの製造です。

 甘過ぎず、辛過ぎず、酸味が程良く、フルーティーな味です。一言でいえばバランスが良い、素直な味です。

 しかも、白ワインは魚介類と喧嘩をしません。しかも、しかも、リーズナブル! 庶民の味方!


sDSCF2693.jpg
 秩父では飲めなかったので、自宅に帰ってから、生新酒を頂きました。新鮮!

sDSCF2694.jpg
 秩父産ブドウ100%のワインです。白がおススメです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード