HOME   »  中世城郭  »  図解滝山城(9) ~ 大池

図解滝山城(9) ~ 大池

 滝山城の第9話です。

IMG_3393.jpg
 カソノ屋敷から西側を眺めました。下に「大池」、その向こうに「南郭」と「大馬出」が遠望できます。

滝山城南方
 大池をせき止める堤防から、カソノ屋敷方向へ登っていく道があります。

 その道を下り・・・

IMG_3398.jpg
 堤防に着きました。堤防兼通路で兵士が行き来していたと思われます。

 現在大池は水がありませんので、大池跡と言った方が正確かもしれません。

IMG_3399.jpg
 堤防には、中央付近で途切れがあります。

 大雨の時など堤防が決壊しないよう、ここから水を抜いていたと推察いたします。

IMG_3400.jpg
 堤防の切れ目付近から、北側を撮影しました。

 攻城兵が谷沿いを進み、ここに至ったとしても、どう攻めて良いかわからないでしょう。

IMG_3401.jpg
 堤防のすぐ脇には「登り土塁」があり、攻城兵の行く手を遮っています。

IMG_3402.jpg
 近づいてみると、「登り土塁」の南側にも「土塁」があり、間は「竪堀」となっており、遮断への執念がうかがわれます。

 「滝山城第10話・信濃屋敷」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「東京の城」
スポンサーサイト
Comment
Re: 御教授お願いいたします。
Butch様 御来訪ありがとうございます。

> 戦力に応じた防衛ラインの変更には全く同感いたします。
⇒ありがとうございます。

> 今回 五遁様は丘陵上からのアタックだったのですね、自分は以前歩いた時に本能的に「ヤバイ」と感じたのですが・・・
> 途中 谷で狭まった箇所に屈折道が見られた以外はダラダラした平坦な丘陵が続く地形に攻めるならこっちだなと思いました。
⇒今回は国道16号から丘陵伝いに歩いてみました。何らかの遮蔽があるかなと思ったのですが、ダラダラと尾根が続くだけで、攻めるならこっちからですね。

> あれほどの土木量を誇る城なのに細尾根状に加工した形跡も無い事に拡張途中での放棄を感じたしだいです。
> また滝山城の場合 各所に兵を配すと効率が悪いと言うか、かなりが死に駒になる危険性を感じました。
⇒おっしゃる通り、小宮郭の横堀ライン全域に守兵を配置するのは、効率が悪いですね。

> あと小宮郭・山ノ神郭は独立性が有り放棄、占領の際 逆に攻城側の強固な陣地になるのではとも・・・
⇒そうなんですよ! 小宮郭、千畳敷、信濃屋敷も攻城側の拠点になってしまいますよね。
 下位の郭が、常に上位の郭からの射撃の制圧下にあるわけではないというところが、滝山城の弱点ですね。
 それ故、八王子城に移ったのでしょうね。

 縄張りに関する話をさせて頂くのは大好きですので、また、いらしてください。では・・・
御教授お願いいたします。
こんにちは、今週も大人の事情で お城に行けませんでした、桜以前に滝山城に言っておかねば!
戦力に応じた防衛ラインの変更には全く同感いたします。
今回 五遁様は丘陵上からのアタックだったのですね、自分は以前歩いた時に本能的に「ヤバイ」と感じたのですが・・・
途中 谷で狭まった箇所に屈折道が見られた以外はダラダラした平坦な丘陵が続く地形に攻めるならこっちだなと思いました。
あれほどの土木量を誇る城なのに細尾根状に加工した形跡も無い事に拡張途中での放棄を感じたしだいです。
また滝山城の場合 各所に兵を配すと効率が悪いと言うか、かなりが死に駒になる危険性を感じました。
あと小宮郭・山ノ神郭は独立性が有り放棄、占領の際 逆に攻城側の強固な陣地になるのではとも・・・

いろいろグダグダと申し訳ありません、「腐っても滝山城」と言う事でお許しを。
自分も中田氏の著書は楽しいので日頃参考にしています。
それでは また宜しくお願い致します。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード