HOME   »  中世城郭  »  内匠城(4) ~ 珍しい天主台

内匠城(4) ~ 珍しい天主台

 内匠城の最終話です。

IMG_3333.jpg
 「本郭」に入りました。

内匠城
 内匠城中心部の防御構想を推察すると・・・

 攻城兵が、「E」から「A」を乗り越えようとすると「天主台」からの射撃で制圧する。

 攻城兵が、「四郭」から「B」に至ると、「本郭土塁」「A」「C」の三方向からの射撃で制圧する。

 攻城兵が、「G」から「三郭」へ向かうと「D」からの横矢攻撃で撃退する。

 「二郭東」へ至ったら、「本郭」と「二郭西」の二方向からの射撃で制圧する。

 ・・・といったケースが考えられます。

IMG_3334.jpg
 本郭の西側の土塁上から、南側の土塁を撮影しました。

IMG_3336.jpg
 本郭の南側の土塁上から、「天主台」方向を撮影しました。土塁の上に土塁があります。

 南側から攻め登る敵を意識してのことであろうと思われます。

IMG_3338.jpg
 今度は「天主台」を背に、土塁上土塁を撮影しました。

IMG_3311_2014010914502170d.jpg
 「本郭」の南土塁の、南下には、南下から攻め登る攻城兵に備えて、腰郭も設置されています。

 イメージ図の裏側になります。

IMG_3335.jpg
 天主台には「内匠稲荷大明神」が鎮座しています。

 この土壇が往時の遺構であるとしたら、群馬の土の城としては大変珍しい遺構です。

 群馬外勢力に拠る改修を物語るものとしてとらえることができると思います。

IMG_3310.jpg
 背後の堀底から見上げた「天主台」です。

IMG_3289.jpg
 南側の紅葉山から撮影した、内匠城の遠景でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「群馬の城」
スポンサーサイト
Comment
Re: 天守台
丸馬出様 御来訪ありがとうございます。

 玄蕃尾城ですね。行きたいと思いながら・・・
 いつかは行きたいですね・・・
 内匠城は北条以外がかかわっていると思います。
 さて、明日からは滝山城しつこい、クドイ、ええ加減にせいや!
 ・・・のはじまりです。
 趣味の領域ですので放置頂いても本望です。
天守台
土の天守台といえば玄蕃尾城を
思い浮かべてしまいました。
やはり、西国の大名がかかわったのでしょうかね。
それと、滝山城がたのしみです。

追伸、私のブログに小長井城の解説をのせたので
コメントをいただければ幸いです。
Re: やはり鳥瞰図だと解りやすいですね。
Butch様 御来訪ありがとうございます。

 総石垣の内匠城・・・ 見たいですね!!!

 五層天守の藤岡城・・・ 妄想が広がりますね・・・

 イメージ図にはこだわっていますので、触れて頂いて有り難いです。

 それでは!
やはり鳥瞰図だと解りやすいですね。
こんにちは、周辺の城とは ちょっと異色だな~と感じました(変わらず竹藪ですね)
織田支配が あと1年続いていたら このへんは面白かっただろうな、と思っています。
総石垣の内匠城、五層天守の藤岡城とか(笑)
それでは失礼いたします。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード