FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  国峰城(6) ~ 武田信玄への接近

国峰城(6) ~ 武田信玄への接近

 国峰城の第6話です。

IMG_3214.jpg
 「東五郭」から、「東四郭」と「東三郭」を撮影しました。間に「堀切」があります。

 現在は「東三郭」側に通路がありますが、往時は「東四郭」側に通路があり、攻城兵が「堀切」を渡って「東四郭」に入ると、「東三郭」から側面攻撃ができるようにしてあったと思われます。

国峯城山城西部
 先人の図面に郭名が記されていなかったので、勝手に郭名をつけて記載しています。

*戦国時代国峰城の城主は、小幡憲重(おばたのりしげ)でした。

 小幡憲重は、関東管領上杉憲正に仕えていました。


IMG_3217.jpg
 「東四郭」です。幅の広いところで4~5メートルでしょうか?

*小幡憲重は、管領家の重臣として優遇され、箕輪城の長野氏とともに、管領家を支えていました。

 小幡憲重は、長野業正の娘を妻にするなど、近隣との連携を深めていました。


IMG_3216.jpg
 「東三郭」から「東二郭」の塁壁を見上げました。

*関東管領家は、新興勢力の台頭の前に衰退の一途をたどっていました。

 甲斐の武田信玄は、管領家と境を接する信濃佐久を平定し、管領家へ圧力をかけました。

 相模の北条氏康は、武蔵へと進出し、管領家の領土を蚕食し続けました。


IMG_3221.jpg
 「東二郭」から「本郭」の塁壁を見上げました。ここで視点を変えて、北尾根の遺構へ・・・

*1546年、管領家は扇谷上杉家、古河公方と連携し、北条氏の川越城を包囲しますが、救援に駆け付けた北条氏康の奇襲の前に大惨敗・・・

 扇谷上杉家は滅亡し、古河公方は実質的に北条の傘下に組みいれられてしまいます。


国峯城山城部東
 北尾根方向は、急峻な地形の為、郭は二つしかありません。

*劣勢に追い込まれた上杉憲正は起死回生の手を打ちました。

 家臣の高田氏を信濃佐久の志賀城へ派遣し、志賀城の笠原氏に反武田の兵を挙げさせると、別働隊を編成し、別働隊を碓氷峠から軽井沢へ乱入させました。


IMG_3227.jpg
 「北二郭」から見下ろした「A」郭です。「A」郭から北に降りたら登ってこれないのではないかと思い、降りることはできませんでした。

*しかし、別働隊は小田井原で武田の迎撃部隊に惨敗・・・

 志賀城も落城してしまいます・・・

 余勢をかった武田軍は上野へ乱入し、管領の領土を荒らしまわりました。


IMG_3228.jpg
 「A」から見上げた「北二郭」の塁壁です。高さは6メートルほどあるように感じました。

 角度は急で、木につかまらないと登ることができません。

*翌年に、武田信玄は塩尻峠の戦いで、信濃守護小笠原長時の軍政を撃破し、信濃制圧をゆるぎないものへとして行きました。

 信玄が信濃を制圧すれば、次は上野へ手を伸ばしてくるに違いない・・・・


IMG_3229.jpg
 「北二郭」です。

*その翌年、小幡憲重は武田信玄に出仕しました。武田系の資料では信頼性が高い「高白斎記」に明記されています。

 出仕は、管領上杉憲正には内緒でのことと思われます。

 信玄が上州へ出陣した暁には、管領を見限り、信玄につくと約束したのではないでしょうか。


IMG_3231.jpg
 「北二郭」から「堀切」越しに、「本郭」を見上げました。

 「本郭」の紹介は最終話にしたいとのこだわりがあり、次回のレポートは東尾根の先端から始まります。

 「国峰城第7話・嫁の親父に攻められる」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「群馬の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード