FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  国峰城(2) ~ 岡城部

国峰城(2) ~ 岡城部

 国峰城の第2話です。

 登りは、看板の示す道を登りましたが、帰りは岡城部を下ってみました。藪化している個所と、そうでない個所が混在していました。

IMG_3281.jpg
 「あ」と思われる部分から「い」と思われる部分を見下ろしました。

 本によっては、「い」を居館とするものもあります。

国峰城岡城部
 藪の部分は全くの進入不能でしたので、「群馬県中世城館跡」掲載図面から起こしました。

IMG_3280_20140103152526ae2.jpg
 「あ」と思われる場所から「御殿平」と「山城部」を見上げました。

IMG_3277.jpg
 一段上から「あ」と思われる場所を見下ろしました。

IMG_3279.jpg
 「あ」と思われる部分と、その上の段との段差は2メートル以上あります。

IMG_3276.jpg
 「あ」と思われる部分の南東方向(図ですと左側)は10メートルほどの切り立った塁壁となっており、攻城兵を寄せ付けません。

IMG_3174.jpg
 「御殿平」の南東方向の段々のうちの一つだと思われます。

IMG_3173.jpg
 北の方に回り込むと、視界が開けてきました。赤城山でしょうか。

 「国峰城第3話・御殿平」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「群馬の城」
スポンサーサイト



Comment
Re: 総構がいいですね
丸馬出様 御来訪ありがとうございます。

 国峰城の総構えは私も今回の訪問で初めて知りました。
 他の城でも「総構え」の視点で見直すと、新たな発見があるかも知れませんね。

 実は先週末に、都心の白金長者屋敷に行って参りました。
 最近はグーグルで地形が詳しくわかるので、城域への妄想が広がります。
 「総構え」の視点でとらえると、広大な城域となり、踏査で足が痛くなりました。
Re: 美濃大桑城とそっくりです。
Butch様 御来訪ありがとうございます。
 国峰城の総構えは、小幡氏単独で守れる規模ではないので、武田か北条が指示して造らせたのでしょうね。
 おっしゃる通り、八王子城と同じパターンですね。とすると北条さんでしょうか。

 さて、小笠山に行かれましたか。
 西側はえぐれがあったり、馬出しがあったり、比高二重土塁があったり、楽しいですね。
 ここも北条っぽいですよね。確かに!
 他の高天神攻囲砦と構造がまったく違いますね。何があったのか??? 不思議です。

 諏訪原城の丸馬出しも徳川が造ったとの説があり、徳川は北条や武田の築城術を柔軟に取り入れていたのかもしれません。
総構がいいですね
国峰城は存じていたのですが
総構があったんですね。
じつは、総構大好きなんですよね。

ところで、自分のブログに高遠城の
解説を載せたのですが
コメントをいただければ幸いです。
美濃大桑城とそっくりです。
こんにちは、国峯城には自分も6年程前の '08年4月に行きました、携帯の画面を頼りに踏査していたのですが、なんと中世城郭事典のコピーを拾いました、どなたかが落としていったのでしょう?非常に助かりました(笑) 山城部は荒れているな~との印象が強かったですね。
谷部入口に遠堀を設け最奥部に要害を置くのは八王子城等もですが、ここは美濃大桑城と景観がそっくりでした。

昨日は久々の遠出で小笠山に行きました、西側の遺構は未訪でしたが五遁様のレポートを拝見し これは見なければ!と、 面白かった~良いものを見ることができました! 徳川が作ったのですか?北条が出張サービスしたような感じですね(笑)
それでは失礼いたします。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード