HOME   »  中世城郭  »  国峰城(1) ~ 総構えの巨城

国峰城(1) ~ 総構えの巨城

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成25年12月29日、国峯城に行って参りました。

 群馬県甘楽郡甘楽町大字国峯にあります。
 6年ぶりくらいでしょうか? 3度目の訪問です。

IMG_3285.jpg
 紅葉山の西側に国峰城外堀の解説版があります。

 国峰城は南上野鏑川流域を支配した小幡氏の城で、総構え、岡城部、山城部から形成される巨大要塞です。

IMG_3287.jpg
 外堀の跡です。この部分を除いて、埋められてしまいました。

IMG_3288.jpg
 紅葉山から見下ろした外堀のラインです。

 丘陵に挟まれた平地を遮断しているのがわかります。

国峯総構
 地図に落とし込んでみました。

 御殿平から、東側が「丘城部」です。

IMG_3286.jpg
 外堀から見た「山城部」です。

 ここから、あそこまですべてが城域であるとは、実に驚くべき規模です。

IMG_3291.jpg
 「中堀」です。堀底に竹やらなんやら生えていて、よく見えませんが、水路となっており、水が流れています。往時はせき止めて水掘りとしたことでしょう。

IMG_3170.jpg
 岡城部の下部の塁壁です。民家が建っており進入はできません。

 IMG_3168.jpg
 この看板に従って進むのがクールなやり方です。

 軽四駆なら進入可能ですが、一般車の皆さんは徒歩で参りましょう。10分程です。

 「国峰城第2話・岡城部」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「群馬の城」
スポンサーサイト
Comment
Re: 城山入り口についての質問です
室賀様 ご来訪有り難うございます。
 冬の越中遠征ですか。寒かったでしょう。
 魚津城は、その地に立つだけで、何か来るものがありますよね。
 さて、国峰城はやはりふもとで車を置いて徒歩で登るのが良いと思います。
 路面には落石が多くありましたので。
 徒歩で登れば帰りに岡城部を観察できます。
>
> さて、国峯城は去年3月に城山入り口まで軽自動車のバンで行きました。
>
> 急坂で、車の横を硬い枝でこすり傷付く+何か不気味と判断し、城山入り口案内看板で引き返しました。
>
> 軽バンでも横をたくさんすりますか?また、FRですが登りますか?
>
> 安全策で、ここで路駐で10分歩きが良いですか?
>
> ご回答願います。
城山入り口についての質問です
お世話様です。先週、白馬から1泊2日で末森城・富山城・富山市立歴史博物館・魚津城・天神山城・国指定史跡の安田城・白鳥城・松倉城に行きました。

佐々成政・前田利家・上杉景勝関連です。

富山市立歴史博物館の説明と安田城に感動!

魚津城では涙がでそうでした。もちろん雪で山城は登れず・・・。

さて、国峯城は去年3月に城山入り口まで軽自動車のバンで行きました。

急坂で、車の横を硬い枝でこすり傷付く+何か不気味と判断し、城山入り口案内看板で引き返しました。

軽バンでも横をたくさんすりますか?また、FRですが登りますか?

安全策で、ここで路駐で10分歩きが良いですか?

ご回答願います。


Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード