FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  安保氏館 ~ 秋田に分流を配す

安保氏館 ~ 秋田に分流を配す

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成25年12月29日、安保氏館に行って参りました。

 埼玉県児玉郡神川町大字元阿保にあります。

s安保アク
 JR八高線「丹荘駅」の北側です。

 安保氏は、武蔵七党の一つ「丹党」に属していました。

 「丹党」の「荘園」があった場所なので、「丹荘」の地名が残っているのだと思われます。

IMG_3347_201401030826576d9.jpg
 通りの脇に石碑と鳥居があります。

 秋田県鹿角市のお城を訪問した時、安保氏の分流の城が多かったことに驚き、安保本流の本拠を確認しておきたいと思い、やってきました。

IMG_3345.jpg
 鳥居の脇に解説版があります。

 往時は大規模なものであったようですが、現在、遺構は消滅してしまっているようです。

 解説版には、「安保氏が、源頼朝の奥羽遠征に従軍した功で、成田氏とともに秋田県鹿角郡に所領を与えられた」ことが記載されていませんね。少し残念です。

IMG_3346.jpg
 解説版に掲載されている地図によると、ここいらへんに堀があったようですが・・・

IMG_3349_20140103084510542.jpg
 同様に地図によるとこのあたりに堀があったようです。この水路は、堀の痕跡でしょうか?

 時間をかけて徘徊しましたが、遺構と確信できるものは見当たりませんでした。

 本流の安保氏は、戦国末期に武田信玄と北条氏政の抗争の狭間で没落しています。

 秋田の分流も戦国末期、三戸南部氏により没落しています。

 それ故、居館を維持できなかったことでしょう。

IMG_3342.jpg
 すぐ近くに、安保氏が建立したとされる「阿保神社」があります。

IMG_3343.jpg
 神社も大変さびれた様子でした。

IMG_3344.jpg
 境内には、この様な石の祠が並んでいます。

 解説版もなく・・・ これが安保氏に関連するものかもわかりません。

 このレポートはリンクさせて頂いている「HP旦様と私」のレポートを参考にさせて頂きました。

 先人の御取組みに、感謝申し上げます。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「埼玉の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード