HOME   »  中世城郭  »  石垣山城(4) ~ 二の丸と櫓台

石垣山城(4) ~ 二の丸と櫓台

 石垣山城の第4話です。

IMG_3070_20131226160329724.jpg

 井戸の底から「二の丸」へと登っていきます。登り道と「北郭からの道」が「櫓台」からの射撃の制圧かにあることが見て取れる写真です。

石垣山城

 イメージ図で位置関係をご確認ください。

*4月28日の芝山宗勝書状には・・・

 御座所も早や石組も、御殿も来月中には出来そうろうと記されています。


IMG_3073.jpg
 「北郭からの道」は、進入禁止となっていました。残念。

*御殿も来月中には出来そうろうということは、この時点で半分くらいは立ちあがっていたということですね。

IMG_3075.jpg
 「二の丸」の北側部分です。

*5月2日には、天皇の勅使をここ石垣山城で迎えています。

 つまり、着工から1ヶ月もたっていないのに、天皇の勅使を供応出来るだけに建造物を備えていたことになります。恐るべきスピードですね。


IMG_3077.jpg
 「櫓台」です。大分崩れてしまっていますね。往時は総石垣で四角い形状をしていたものと推察いたします。

*5月14日に、秀吉が政所へ宛てた手紙によると・・・

 安心して下さい。御座所が完成しました。天守台の石蔵が完成しました。台所も完成しました。広間も天守もすぐに立ちあがると思います。


IMG_3076.jpg
 「二の丸」の南側です。奥に「本丸」の塁壁が見えます。

*着工から僅か、40日で天守台の石蔵が完成とは、御座所だって本格的なものだったことでしょう・・

IMG_3058.jpg
 「二の丸」の、イメージ図手前側の塁壁です。石垣が崩れてしまっている部分もありますね。

*現在、石垣の崩壊部分が多いのは、工期短縮による弊害でしょうか?

IMG_3059.jpg
 石垣がしっかりしている部分のアップです。

 「石垣山城第5話・本丸塁壁」へと続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「神奈川の城」
スポンサーサイト
Comment
Re: 記事とは関係ないのですが
丸馬出様 御来訪ありがとうございます。

 その本でしたら、昨日、お城仲間のMさんにちりと
見せて頂きました。

 日本城郭体系に乗っていない城が満載で、縄張り図
も精緻ですね。

 私も手に入れたいと思っています。

 江尻城や三枚橋城が残っていたら武田ファンの喜び
はどれほどでしょう?

 せめて古図面等で想いをはせるしかありませんね。
記事とは関係ないのですが
先日、静岡古城研究会様の書籍を購入したのですが
武田氏のお城が好きな方には
とてもオススメできる内容でした。
(特に江尻城の縄張り図が素晴らしかったです)


Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード