HOME   »  中世城郭  »  細川忠興陣城(1) ~ 秀吉の指名

細川忠興陣城(1) ~ 秀吉の指名

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成25年12月14日、お城仲間のMさんと細川忠興陣城に行って参りました。

細川陣城アク
 神奈川県小田原市板橋、小田原厚木道路と西湘バイパスの接点の北東にあります。

 丘の上の住宅街を車で恐る恐る進みむと、住宅が途切れるあたりに「この先は行き止まりで、Uターンも出来ません」的なことが看板に表示されていましたが、実際にはUターン可能なスペースがありました。

IMG_3034.jpg
 車を降りて西側へ進むと「あ」の盛り上がりがあります。南北の行き来を制限するために設けられたのでしょうか?

*この城については「関東古戦録」に記述があります。「関東古戦録」は江戸時代に書かれた小説であり、信頼性が低いのですが、手元に他の資料が無い為、本レポートでは「関東古戦録」の記述をもとに進めて参ります。

細川陣城
 イメージ図を作成しました。

 藪でわかりにくい部分が多く、決して正確ではないです。ムードだけ感じ取って頂ければ幸いです。

 郭名は勝手につけました。

*豊臣秀吉は、小田原北条氏を征伐するため、20万とも言われる大軍を関東に差し向けました。

 そして、自らも小田原城を南西約4キロの湯本早雲寺に本陣を構えました。


IMG_3035.jpg
 一段登ると「四郭」です。

*秀吉の本陣と、小田原城の中間地点にあり、小田原城への視界をふさぐ小山に北条勢が籠っていました。

IMG_3037.jpg
 「四郭」の南側には、何かの設備があります。

*秀吉は、細川忠興を呼びつけました。

 「早川口の松山というところに、敵が砦を構えて守っている。これを乗っ取ろうと皆が申し出たが、考えがあって今まで放っておいた。そなたが攻めとってみよ!」


IMG_3038.jpg
 「三郭」と「二郭」の間に登り道がありました。

*細川忠興は、織田信長の配下として力を蓄え、明智光秀の娘を妻としていました。

 明智光秀が織田信長を倒した際、明智光秀は細川忠興へ破格の恩賞を示し、味方になるよう誘いました。



IMG_3039.jpg
 「三郭」の西側です。

*細川忠興は、光秀の誘いを拒否し、秀吉に組みしたため、光秀は山崎の戦いで敗れ没落しました。

 それ以来、秀吉の細川忠興に対する評価は高く、やがて丹後一国の領有を認められるようになりました。


IMG_3040.jpg
 「三郭」の西側、「二郭」の土塁を見上げました。

 「細川忠興陣城第2話・使寄りの攻防」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「神奈川の城」
スポンサーサイト
Comment
Re: ここも笹藪ですよね~
Butch様 御来訪ありがとうございます。

 根府川要害・・・よく下調べして季節を選んでみたいと思います。
 情報有難うございます。

 上香貫手城山と烏帽子岳城については、なかなかのレポートに仕上がったのではないかと思っています。請うご期待です。

 訪問されたらご感想をお寄せいただけると嬉しいです。

 善きお城ライフを!
ここも笹藪ですよね~
こんにちは、根府川要害 行ってくださいますか? ありがたい!
とても面白い遺構ですが、自分にはお手上げです(-_-;)
根府川からゴルフ場方面にガンガン登り この先4㌔の立て看板の所で砂利道を直進し開放ゲイト~採石場?を過ぎリスのマークの焚き火注意 看板に駐車しカーブ ミラーから突撃です。

伊豆の2城、五遁様のレポート後 即攻略したいと思います。
静岡古城研究会の資料ですね!
「あそこにあったか!」と思いました。以前、徳倉山、香貫山にも何かあるはずだと登り 虎口、平場、土塁・・・インチキ遺構を捏造していました、恥ずかしい限りです。
それでは失礼いたします。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード