HOME   »  中世城郭  »  箱根古城(5) ~ 防御撤退両用土橋

箱根古城(5) ~ 防御撤退両用土橋

 箱根古城の最終話です。

IMG_2970.jpg
 「別郭?」から「西土橋」方向を撮影しました。

 「別郭?」はまとまった平坦地がありましたが、笹藪で郭かどうかの判断がつかず「?」をつけさせて頂きました。

 前レポート。堀底古道から屈曲小口へ至る道は、攻城側にとって被害が多すぎるので、攻城側はこの「西土橋」を活用して、攻めよせることも考えるでしょうし、守る側も当然それを想定したことでしょう。

IMG_2971.jpg
 「西土橋」に入りました。結構長いです。

箱根古城
 防御だけを考えたら、「西土橋」は、「屈曲小口」の手前で掘り切ってしまえば良いのですが、「西土橋」は撤退用にも活用しようと考えられてのものだと思います。

 敵兵が東から攻め下ってきて、守兵が城を放棄しようと決断した際、「D」と「別郭?」の東面に決死の兵を置き、敵兵が狭い「西土橋」で停滞しているうちに、本隊は落ち伸びるという構想があったものと推察します。

IMG_2972.jpg
 「西土橋」は、古道を攻め登る敵兵へ頭上攻撃を仕掛ける為にも存在したことが目で見える写真です。

IMG_2973.jpg
 先ほどの写真から数メートル進んだ場所の写真です。クドイ!と思われるでしょうが、この城の構造の秀逸さをお伝えしたい、縄張りオタクのこだわりに是非ともお付き合い願いたい。

 「D」に至ると、正面に「C」の櫓台があります。

 「西土橋」を一列になって進む攻城兵は、「D」に設けられた柵で停滞しているところを、「C」に設置された櫓の上から、弓を射かけられます。

IMG_2974.jpg
 「西土橋」を進んだ攻城兵も、結局は「古道」と合流し、「屈曲小口」へ至ることになります。

 鉄砲の時代に大軍で攻められたら、どうしようもないでしょうが・・・

 弓矢の時代に、数十名の守兵で街道の監視をする役割を果たす城としては、秀逸な構造であると思います。

 本レポートはホームページ「土の古城探訪」の記事を参考にさせて頂きました。管理人の「八丁堀様」有難うございました。

IMG_2987_2013122110360870c.jpg
 箱根古城の近く、芦ノ湖からの富士山の写真でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「静岡の城」


スポンサーサイト
Comment
Re: so we wannated be a rock'n' roll star
Butch様 御来訪ありがとうございます。

 おっしゃる通り別荘地あたりにもきっと郭があったのでしょうね。
 
 忘れていました! 蒲田城の屈曲通路もなかなかですね。
 桧原城はもう・・・ いい加減にしときなはれや!のレベルですね。
 屈曲と言えば、武蔵滝山城本丸西側に、同じレベルの・・・
 屈曲好きの私でもうんざりするほどのそれが・・ありました・・・
 最近刈りはらわれたようで・・・ 正直驚きました・・・
 3月くらいにアップする予定です。

 さて、Butch様は私とは別系統の音楽にはまられているのですね。
 正直、おっしゃっていることの意味がまったくわかりません。
 でも、わかることはButch様と私は、分野こそ違え音楽をこよなく
愛する仲間であるということです。
 私の最近の城攻めの友は、BABYMETALです。
 それでは、お互い善き音楽ライフを!
so we wannated be a rock'n' roll star
こんにちは、なるほど東からの攻撃にも対応した縄張りですか~目から鱗です!
自分は別荘地辺りにも囲郭があったのではと想像しました。
屈曲たまらないですね~ 桧原城、出羽中山城のは強烈な印象でした、鎌田城のも良かったですね。
五遁様とは同世代の様で・・・自分は現在バイオリン ベースとムスタングを持っています、しかし音楽の方は Wolfman Jack Show をどっぷり聞いて育った mod's 少年(自ら言うか?)だったので アンチ "そっち系"です(笑) 60's UK Beat US Garage Motown
Northern Soul のオタクです、城攻めのテーマソングは the Kingsmen "Louie Louie" です!
それでは失礼いたします。
Me gotta Go
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード