HOME   »  中世城郭  »  箱根古城(4) ~ 堀底古道と屈曲小口

箱根古城(4) ~ 堀底古道と屈曲小口

 箱根古城の第4話です。

IMG_2976.jpg
 西側から、箱根古道を登って、箱根古城にさしかかると、この堀底道に至ります。

 左右の頭上から投石にあいます。

 古道は写真の奥で屈曲し、先の見通しが立たないように設計されています。

箱根古城
 西からの古道は左右の頭上からの攻撃にさらされながら進み、屈曲小口のあたりでは「C」に設置された櫓の上からの正面攻撃にさらされます。

 なかなか考えられた縄張りです。

IMG_2969.jpg
 今度は東側(城内側)から見た、「古道」と「西土橋からの道」の合流地点です。

 敵が東側から攻めてきて、城を放棄する場合、守兵はここから「西土橋」を経て、落ち伸びたと思われます。

IMG_2968.jpg
 先ほどの写真から数メートル東側へ引いて撮影しました。

 屈曲小口です。この写真の手前あたりに門を設置し、停滞する攻城兵を「C」と土塁上から挟撃したことでしょう。

IMG_2977.jpg
 更に東へ引いて「C」の櫓台です。ここから屈曲小口を見下ろすと・・・

IMG_2979.jpg
 屈曲構造好きの私にはたまらない・・・

 「箱根古城第5話・防御撤退両方土橋」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「静岡の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード