FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  千見城(3) ~ 武田と上杉の狭間で

千見城(3) ~ 武田と上杉の狭間で

 千見城の第3話です。

千見アク2
 このレポートでは北尾根の遺構を紹介させて頂きます。

IMG_2771_20131207091223001.jpg
 「北尾根」の北側から、「北2郭」方向を撮影しました。

 手前が長土橋風になっています。

千見城南面
 この図は「南尾根」をメインに描き、「北尾根」は付け足しのような感じになってしまい、正確性に欠けます。ムードだけ感じ取っていただければ幸いです。

IMG_2772.jpg
 「北2郭」へ近づいてきました。左側が土塁っぽくなっています。

*1553年5月、村上義清は越後よりの援兵を伴って信濃へ出兵しました。

IMG_2773_20131207094140a72.jpg
 「北2郭」から「北1郭」を撮影しました。間には「土橋」があり、攻城兵の通行を制限しています。

*村上義清は、旧領を回復すると塩田城へ在城しました。

IMG_2769.jpg
 「北1郭」の中央には、祠が鎮座しています。

*武田信玄は、塩田城へ攻勢をかけ、村上義清は再び、越後へ逃れました。

IMG_2774.jpg
 「北1郭」から、「鞍部」を見下ろしました。

*同年9月、満を持して上杉謙信が信濃へ出兵してきました。

 上杉謙信は武田領の奥深くまで怒涛の進撃を続け、青柳城下へ放火しました。


IMG_2770.jpg
 「鞍部」に降り立ち、北東方向を見下ろしました。登るのが不可能な急斜面です。

*この際、千見城は上杉勢の手に落ちてしまいました。大日方氏の内の村上派残党が手を貸したのでしょうか。

IMG_2776_20131207095345ebb.jpg
 「鞍部」の先は厳しい登りとなっています。

 「千見城第4話・北尾根大堀切」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「長野の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード