HOME   »  中世城郭  »  千見城(1) ~ 境目の大日方氏

千見城(1) ~ 境目の大日方氏

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。

 平成25年11月24日、信濃国人衆「らんまる」さんと、「でいびす」さんの御案内で、千見城に行ってきました。

 長野県大町市美麻、「ぽかぽかランド美麻」東方約1キロの山上にあります。

千見アク1
 県道31号大町街道の「切石トンネル」をくぐらずに北側の旧道を進むと・・・

IMG_2748_20131207070404bb6.jpg
 旧道の北側に流れる川にかかる橋があり、橋の脇に看板があります。

IMG_2750_2013120707223255c.jpg
 沢沿いの道のここかしこには、橋が設置されていて親切ですね。

千見アク2
 登り道と、大体の郭配置です。

IMG_2751.jpg
 沢沿いの道を登るでいびすさんです。

IMG_2753.jpg
 またまた、橋があります。らんまるさんの後姿も・・・

*千見城は、大町市と小川村の境界近くに存在します。

 よりマクロな視点で見ると川中島系勢力と安曇郡系勢力の境界にあたり、両勢力による争奪が繰り返されました。


IMG_2754_20131207073302ead.jpg
 途中分岐がありますが、ここは右へ進みます。

*千見城は大日方(おびなた)氏により築城されたとされています。

 大日方氏は小笠原氏の支流で現在の生坂村にありましたが、坂城の村上氏とともに、現在の小川村の小川氏を攻め滅ぼし、本拠を小川村の古山城へ移したということです。


IMG_2755.jpg
 更に橋を渡ると・・・

*1541年、甲斐で武田信玄が家督を継ぐと、信濃侵攻が開始されました。

 大日方氏が将来予想される戦乱に備えて千見城を築城したのはこの後であると考えられています。


IMG_2758.jpg
 民家跡に着きました。らんまるさんのお話ですと城主の血を引く方が住んでいらしたということです。

*古山城は要害性に欠けていたため、大日方氏は、国境に近い峻嶮な山上に千見城を築き、所領の防衛力を強化したのだと思われます。

 「千見城第2話・武田と村上の狭間で」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「長野の城」
スポンサーサイト
Comment
Re: 古道地図が欲しいです
> こんにちは、ここは小技、大技を、効かせた面白そうな城ですよね。
Butch様 御来訪ありがとうございます。

 熊やイノシシには気をつけないと! 熊ベルもそうですがホイッスルは効果てきめんですよ。

 古道地図があると嬉しいですね。古道を歩いてみると、築城の意味や戦略が判るでしょうし、新たな城が見つかるかもしれませんし。笹地獄格闘素晴らしい! 全国の城好きの地道な探索が、きっと新しいページを開くと思います。

 御所山城は今も???です・・・・

 それでは、善きお城ライフを! 
古道地図が欲しいです
こんにちは、ここは小技、大技を、効かせた面白そうな城ですよね。
一昨年、木舟・丹生子城で疲労困憊後に訪れたのですが途中道に迷い、獣の気配と生臭い空気が・・・「ヤバイ!」逃げ帰りました。
地史に疎いため何故にこんな所を選地したのか?と思いました。
このところ休日は箱根山中の笹藪地獄をさまよっているのですが、立地・築城目的・構造が??の物件ばかりでして、まだまだ城を見る目が無いな~と痛感します、せめて古道地図でもあれば助かるのですが。
五遁様の御所山城の解釈を楽しみにしています。
それでは失礼いたします。
Re: またまたヘェ〜
リュウ様 御来訪ありがとうございます。

 千見城は評価の分かれるところですが、私的には面白かったです。

 上杉と小笠原の争奪が繰り返された城ですので、小笠原はこっちから攻めたのでは?
上杉はこっちから攻めたのでは?と妄想すると・・・
またまたヘェ〜
まだまだあるんですねぇ 続きが楽しみです!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード