FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  丸岩城(2) ~ 真田幸隆の調略

丸岩城(2) ~ 真田幸隆の調略

 丸岩城の第2話です。

丸岩城南
*丸岩城は海野氏の城であったと考えられています。

 海野氏は、上杉謙信傘下の斉藤氏に従っていました。


IMG_2636_20131130141226d16.jpg
 上から見下ろした「南郭」の東側です。

*しかし、武田信玄傘下の真田幸隆の勢力がこの地に及んできました。

 武田信玄は既に南上野の国峰城を手にするなど、上野を着々と領国化して行きました。


IMG_2638.jpg
 「A」の部分です。

*真田幸隆が、海野氏へ「今寝返れば本領安堵。軍功のある度に新御を賜ることが出来るぞ」と持ちかけると、海野氏はこれに応じました。

 上杉謙信派の斉藤氏は吾妻から駆逐されました。

 1563年頃のことであると考えられています。


IMG_2640_2013113014180514f.jpg
 「A」から登った先には「本郭」があります。

 「本郭」は最終回に紹介するこだわりがあるので、今度は北側に転じます。

丸岩城北東
 自らのスケッチと地形図から起しました。

*真田家の家督が幸隆から、信綱、昌幸へと移行した頃、武田家の家運は傾き始めました。

 海野氏は、真田昌幸の命で、岩櫃城や沼田城の守備についていました。


IMG_2646_20131130144151ea5.jpg
 北尾根の「M」から「本郭」方面を見上げました。

*真田昌幸は突然、沼田城の海野輝幸と、岩櫃城の海野幸光を自害させました。謀反の動きが露見したとの話もありますが、本当のところはどうなのでしょうか。

 他国に逃れた海野氏の支流もいたようです。


IMG_2647.jpg
 「J」の郭だと思います。「K」「L」のあたりの写真は藪で良くわからなかったので割愛させていただきます。

IMG_2650_2013113014513199f.jpg
 「本郭」を背後に「東尾根」を撮影しました。

IMG_2651_20131130150200099.jpg
 「E」の腰郭です。

 「丸岩城第3話・海野源六郎蜂起」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「群馬の城」
スポンサーサイト



Comment
Re: いつも楽しく
リュウ様 御来訪ありがとうございます。

 有り難いお声かけ、感謝いたします。

 世の中3連休ですが、私は・・・

 昨日親戚のご葬儀、本日仕事の会議、明日は仕事関係のご葬儀です。

 年をとると、ご葬儀への出席が増えますね。
いつも楽しく
拝見しております。リアルで楽しく妄想しております。最後の本廓も楽しみにしております!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード