HOME   »  中世城郭  »  図解小倉城(1) ~ 西尾根比企型小口

図解小倉城(1) ~ 西尾根比企型小口

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成25年10月某日、小倉城に行ってきました。

 何度も訪れ、すでにレポート済みの城ですが、今回は改めて図解を強化したレポートを発信しようと訪問しました。

小倉城アクセス

 埼玉県比企郡ときがわ町大字田黒にあります。

*平成20年に「比企城館跡群」の一つとして、国の史跡に指定されました。

 小倉城の築城者には、上田氏説と遠山氏説があります。

 個人的な想像を申し上げると・・・

 上田氏が小倉城を築城した。(上田氏の拠点「腰越城」にある「小口前郭」が小倉城にもある為)

 その後、上田氏は北条氏へ降伏した。北条氏は降伏の証として、上田氏の領地の一部を取り上げた。

 それは上田氏の二大拠点「腰越城」と「松山城」を分断できる位置にある小倉城周辺地域であった。

 北条氏は、そこに譜代の重臣遠山氏を置き、上田氏を監視させた。


IMG_1958.jpg
 小倉城の居館跡とされる大福寺には、遠山光景の奥さまの位牌がのこされているということです。

 大福寺から小倉城へ登ることもできますが・・・

IMG_1959.jpg
 南西の尾根筋まで車で乗り付けた方が、ほとんど登らずに3分ほどで城跡にたどり着けますし、道も整備されています。

IMG_1960.jpg
 西郭の塁壁が見えてきました。

小倉城二郭西
 南西方向から見たイメージ図です。「戦国の城」掲載図面と、自らのスケッチから起こしました。

IMG_1961.jpg
 「西郭」の塁壁のアップです。ここで攻城兵へ正面攻撃を仕掛けます。

IMG_1962.jpg
 「西郭」に進入するには、左側に迂回し、側面攻撃にさらされながら狭い道を進み・・・・

IMG_1963.jpg
 側面攻撃と、正面攻撃のクロスする場所で、直角に進路変更を迫られ・・・

IMG_1964.jpg
 曲がった先では、左右からの挟撃に逢う「比企型小口」を進むしかありません。

 小倉城は「比企型小口」だらけなので、図面には「小口」とだけ記しています。

 「小倉城第二話・横堀と竪掘の接点小口」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「埼玉の城」
スポンサーサイト
Comment
こちらこそ ご無沙汰してます
史進様 御来訪ありがとうございます。

 こちらこそ御無沙汰しております。
 諸城は破壊されてしまいましたか・・・ 悲しいですね・・・
 貴重な遺構でしたのに・・・
 情報有難うございます。
 史進様も精力的な活動を続けていらっしゃり、刺激になります。
 では、お互いに善きお城ライフを!
Re: お邪魔します。
Butch様 御来訪ありがとうございます。

 尼厳は本当に厳しい山でした。御坂城の方がずっとずっと楽でした。
 秋田県鹿角市は巨大城郭の宝庫で、もっと全国の城好きの皆様に知って頂きたいスポットです。
 小倉から青山まで縦走されましたか? 素晴らしい!
 私が初めて青山城に登った際は、南側から登りました。
 だので一部分ではありますがButch様と同じルートを登ったことになると思います。
 私も仙元山からタクシーで車まで戻りました。
 Butch様も私も「物好き」というくくりにはいるのでしょうね。
 今後もご愛読いただければ幸いです。

> こんにちは、尼巌山に行かれたのですね!自分も周辺城砦は攻略しましたが、あそこは・・・(汗)
> 玉内館は魅力的な縄張りですね、北日本の城館に対する概念が変わります、城郭遺構の乏しい地域に住む身には、今後さらに藪に埋もれてしまう事は実に惜しい限りです。
> 小倉城は自分も毎年のように訪れますが以前に小倉城~物見山~青山城と縦走?しました、がサア大変タクシーで車を取りに戻るはめになりました(笑)
> 新発見・解釈、詳細レポート楽しみにしています、それでは失礼します。
ご無沙汰してます
こんばんは、ご無沙汰しています史進です
本日、山中領へ行ってきましたが諸城のレポート参考にさせていただきました
ありがとうございます
ちなみに現在の諸城ですがハイキングコースが設置され主郭は6割消滅、虎口もウッドチップを敷き詰めた遊歩道に・・・
土橋付きの堀切は埋め立てられ・・・
堀と土塁は残りますが・・・(笑)
仰る通り武田さんの領内に似たような構造の城があるので関わりがありそうですね
お邪魔します。
こんにちは、尼巌山に行かれたのですね!自分も周辺城砦は攻略しましたが、あそこは・・・(汗)
玉内館は魅力的な縄張りですね、北日本の城館に対する概念が変わります、城郭遺構の乏しい地域に住む身には、今後さらに藪に埋もれてしまう事は実に惜しい限りです。
小倉城は自分も毎年のように訪れますが以前に小倉城~物見山~青山城と縦走?しました、がサア大変タクシーで車を取りに戻るはめになりました(笑)
新発見・解釈、詳細レポート楽しみにしています、それでは失礼します。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード