FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  御坂城(7) ~ 変形馬出

御坂城(7) ~ 変形馬出

 御坂城の第7話です。

御坂城北面
 この回では、御坂城の心臓部を形成する「変形馬出」を解説させて頂きます。

御坂城変形馬出
 私が感じてスケッチしたものをもとにおこしました。クリアな部分と、造りかけであいまいな部分が併存しており、遺構の解釈は人によって異なると思われます。あくまでも個人的解釈としてご覧ください。

 「A」と「C」の2つの出撃路兼退却路を備えています。敵兵が侵入した際に備え、複雑な屈曲通路を設置し、横矢攻撃を可能としています。

 城の中心部「峠郭群」との通路は「小口」一か所だけで、「登り土塁」とそれに付属する竪掘で強力な遮断を実現しています。

IMG_1826.jpg
「A」郭が堀と土塁に囲まれているのが見とれる写真です。

*黒駒合戦で武田旧臣を擁した徳川軍が、北条勢を撃破したとの報は、甲斐をかけめぐりました。

 武田旧臣の多くは、織田信長時代の過酷(旧領安堵すると言って呼び出し、斬首する)な処置が頭から離れず、所領に引き籠っていました。また、徳川と北条、有利な方に加担しようと様子見を決め込んでいた者もいました。


IMG_1863.jpg
 「西下郭」比高二重土塁の低い方の土塁が、斜めに下りはじめたあたりから見上げた「変形馬出」です。

*黒駒合戦の結果、武田旧臣達の意識は変わりました。

 「織田と違って、徳川公は武田旧臣を手厚く処遇して下さるようだ。」

 「このたびの対陣では、徳川が勝つにちがいない。」


IMG_1862.jpg
 上の写真を撮影した場所から「土塁あ」を見下ろしました。

*甲斐の武田旧臣は雪崩をうって、徳川の傘下に馳せ参じました。

 大軍で甲斐を制圧しようとした御坂城の北条勢は、周囲を「徳川傘下の武田旧臣」に囲まれ、四面楚状態へと陥ってしまいました。


IMG_1870.jpg
 「土塁あ」の上に立ち、「C」への屈曲通路を撮影しました。

*北条勢は過去に「三増峠の戦い」で武田勢に大敗しており、武田旧臣の強さは身にしみておりましたし、今回は5分の1の軍勢に大敗していますので、自信喪失してしまったことでしょう。

r1870.jpg
 イメージの助けとなるように白線を入れてみました。

*北条本家からは、御坂城よりの撤退指示は無かった為、北条氏忠率いる北条勢1万は、千人以上の負傷兵を抱えたまま、この場所にとどまらなければなりませんでした。

IMG_1877.jpg
 「D」から「C]方向を撮影しました。小口があります。

*周囲は武田旧臣に囲まれており、いつ、ゲリラ攻撃を仕掛けられるかわかりません。

 そこで、北条氏忠は御坂峠の周囲を堀で囲み、敵勢の来襲に備えることにしました。


IMG_1869.jpg
 少し戻りました。

 左側が「変形馬出」の塁壁、中央が堀、右奥が「西下郭」の比高二重土塁です。

*御坂城が現在の規模に普請されたのは、黒駒合戦以降であると考えられています。

IMG_1864.jpg
 上の写真から少し登って左へ曲がると・・・

 「A」から土橋状に突き出た部分があり、先が見通せないようになっています。

 「御坂城第8話・登り土塁」へ続く・・・

  ホームページ 「土の城への衝動」 > 「山梨の城」
スポンサーサイト



Comment
行って参りました!
丸馬出様 御来訪ありがとうございます。
 鉢形城、御坂城ともにかなりの時間と労力を費やしましたので
おほめ頂けると素直に嬉しいです。
 さて、玉縄城に関しては別便で相談させてください。
 
 昨日、お城仲間のMさんと嬬恋村に行って参りました。
 教えて頂いていた例の城を二人で踏査して参りました。
 断崖上の「上下する細土橋」の先に二本の堀切があり、詰郭、
一段下がった中規模の郭、その下の広大な削平地、その先のくね
くね登城路と、連続小口、小口周辺の石積等確認して参りました。

 群馬県遺跡地図にも、日本城郭体系にも、群馬県中世城館跡に
も掲載されていない、新発見ですね! 素晴らしい!

 ご教授ありがとうございました。
 一生懸命お絵かきをして、年内にレポートしたいと思います。
勉強になります
前回の鉢形城といい今回の御坂城といい
関東の騒乱がよく描かれていて
とてもよかったです。さすがですねえ。
ところで、玉縄城の古図をご存知ありませんか?
興味あるんですが、いい資料がないようですね
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード