HOME   »  中世城郭  »  尾去沢茶臼館(3) ~ 腰郭と垂直塁壁

尾去沢茶臼館(3) ~ 腰郭と垂直塁壁

 茶臼館の最終話です。

DSCF2275.jpg
 本郭の東から北にかけて腰郭が付属しています。

茶臼館
 東側の斜面の傾斜が緩かったので、腰郭を設置することにより、本郭の塁壁を切り立たせたのだと思います。

DSCF2277.jpg
 アングルを引いて、本郭の上面も写るようにしてみました。

 高さは8メートルほどで、この地方の平均的な高さです。

DSCF2278.jpg
 腰郭の北面です。奥に二段の段差があります。

DSCF2280.jpg
 「あ」から「二郭」の塁壁を見ています。

DSCF2288.jpg
 「堀1」が斜面を下っていく写真です。

DSCF2290.jpg
 「本郭」は笹の原っぱになっていました。

 中心部は破壊されていますが、斜面を下る堀の規模は雄大で、本郭の塁壁の切り立ち具合も見事です。

 車で乗り付けることができるので、気軽に遺構観察ができます。

DSCF2258.jpg
 北東方向からの遠景でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「東北の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード