HOME   »  史跡  »  武蔵国分寺跡 ~ 湧水が支えた僧坊

武蔵国分寺跡 ~ 湧水が支えた僧坊

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成25年9月某日、武蔵国分寺跡に行ってきました。

国分寺アク

 東京都国分寺市西元町3丁目にあります。

DSCF2215.jpg
 武蔵国分寺跡では今、史跡整備事業が進行しています。

DSCF2216.jpg
 奈良時代の中頃、聖務天皇は仏教の力で国を安定させるため、諸国に国分寺の建立を命じたとのことです。

DSCF2214.jpg
 この空間が中心部で僧寺跡です。

DSCF2217.jpg
 立派な石碑が立っていますね。

DSCF2241.jpg
 こちらの絵には、始めの絵に描かれていない「七重塔」が描かれています。

DSCF2242.jpg
 国分寺を作りなさいという命令書には「造塔の寺は国の華たり」と記されているということです。

 竪穴式住居が用いられていた時代に、高層建築を見せつけられた辺境の人々は、理屈抜きに畏敬の念を抱いたことでしょう。
DSCF2243.jpg
 礎石が現存しています。スゴイ!

DSCF2231.jpg
 七重塔礎石北方100メートルほどには、おたか道湧水園があります。

DSCF2232.jpg
 湧水園入口の向かい側におしゃれなカフェがあり・・・

 カフェで入園券を購入します。

DSCF2234.jpg
 園内には、七重塔復元模型が展示されています。

DSCF2237.jpg
 湧水源観察ポイントです。

DSCF2238_20131003201007f79.jpg
 写真中央の窪みからこんこんと水が湧きでています。

 この湧水の存在があったからこそ、この場所が国分寺建立の地として選ばれたのでしょう。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「史跡などの部屋」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード