FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  樺沢城(3) ~ 御館の乱勃発

樺沢城(3) ~ 御館の乱勃発

 樺沢城の第3話です。

IMG_1181_20130823124122db5.jpg
 「二郭」二段目から、一段目を撮影しました。右奥には「A郭」の塁壁というか、崩落跡が見えます。

樺沢表
*1578年3月13日、軍神とあがめられた戦国の巨星、上杉謙信が突然この世を去り、越後では、上田長尾の子上杉景勝と、北条の子上杉景虎の二人の間で、家督をめぐる争いが始まりました。

 上杉景勝が要害城である春日山城を拠点にし、上杉景虎が上杉憲政の居館である御館を拠点にしたことから、この騒乱は後に「御館の乱」と呼ばれました。


IMG_1183.jpg
 「二郭」から、「B郭」を撮影しました。手前に「堀切1」があります。

*越後国内は2分し、各地で抗争が展開されました。

 乱の帰趨を決めるのは、上田荘(魚沼地方)での、戦闘であると見られていました。


IMG_1182_201308231254157bb.jpg
 「大空掘」の表示を撮影しました。イメージ図では「堀切1」としています。

 深さ20メートル、長さは70メートルもあるそうです。

*北条の子上杉景虎は、実家である北条家の援軍が頼りでした。北条家の援軍は三国峠を越えて、上田荘に入る以外、道はありません。

IMG_1186.jpg
 「堀切1」の堀底、南西方向です。

*一方、上田荘は上杉景勝の最強の地盤でした。

 北条の援軍が上田荘を突破して、御館に至ることができれば、景虎の勝ち。

 北条の援軍を上田荘で食い止め、追い返すことができれば、景勝の勝ち。


IMG_1187_2013082313023004f.jpg

 「堀切1」の堀底、北東方向です。

*1578年8月、北条の援軍1万5千は、三国峠を越えると、荒戸城を粉砕し、上田荘へ乱入したのでした。

IMG_1185_201308231304133e2.jpg
 「B郭」から、「堀切1」を見下ろしました。大迫力ですね。

 「樺沢城第4話・胞衣塚」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「新潟の城」
スポンサーサイト



Comment
Re: 崩落箇所が痛々しいですね。
Butch様 御来訪ありがとうございます。

 樺沢城の崩落をアップで撮影することはしませんでしたが、方々で結構な規模で崩れていました。

 でも、同じ新潟の秋葉山城の崩落の方が大規模でした。

 護応土城訪問延期残念でした。昨日は私の職場の向かいの家に大きな看板が降ってきていました。思いとどまる勇気は大切、賢明な御判断だったと思います。

 10月は晴れるといいですね。

 それでは、失礼します。
崩落箇所が痛々しいですね。
こんにちは、新潟の土質は崩れ易いのですね、そういえば春日山城等でも実感しました。 一昨日は静岡市内から護応土城に向かい帰路に安倍城を攻略との予定でしたが残念でした、次回は10月末の予定です、「名越の切り通し」的な景観・用途・戦略なのかな~等々、色々妄想を楽しませて頂いています、訪城後には御報告させて頂きますのでよろしくお願いいたします、それでは失礼します。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード