FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  片貝城 ~ 台地のヘリを活用

片貝城 ~ 台地のヘリを活用

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成25年8月3日、お城仲間のMさんと方貝城に行ってきました。

片貝アク
 新潟県小千谷市市方貝町、片貝中学校の西にあります。

IMG_1342_20130810051256f77.jpg
 片貝中学校の脇の道を進むと右側に車を停めてもよさそうなスペースがあります。

 表示はまったく無く、不安でしたがとりあえず登ります。

IMG_1349_201308100515254ef.jpg
 中腹から、シビックハイブリッドを停めた場所を振り返りました。

片貝
 先人の図面が手元にありませんでしたので、地形図と自らのスケッチから起しました。

 台地のとんがった部分のへりを活用しています。

 北側をもっと見て回れば、遺構があったのかもしれませんが、藪で断念しました。

IMG_1343.jpg
 登り切りました。芝生広場があります。

IMG_1344.jpg
 炊事場やかまどの跡があり、以前はキャンプ場として使用されていたようです。

IMG_1345_20130810052310763.jpg
 本郭東側の塁壁です。切岸状になっています。

IMG_1346_20130810052440893.jpg
 本郭北側の堀です。左側が本郭です。

IMG_1347_20130810052526266.jpg
 堀の中央部が、枡形状になっている場所です。

 このベンチを設置するために近世に改変された可能性もあります。

IMG_1348.jpg
 本郭は藪で良くわかりませんでしたが、ある程度削平されているようでした。

*「日本城郭体系」には、下記の記述があります。

<片貝城>
 大屋敷の西約1キロメートルの段丘崖上にあり、地理的に見て大屋敷あるいは片貝町内に地名として見られる中屋敷の要害か
 (要約:大屋敷と言う名の居館の詰城が片貝城 or 中屋敷と言う名の居館の詰城が片貝城)

<大屋敷>
 片貝氏の城と伝わる。

<中屋敷>
 大屋敷・片貝城と一体をなすものと推定される。上杉房貞が文明十五~十九年に検地した際知行を持った片貝掃部助に関するものであろう

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「新潟の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード