FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  高崎根小屋城(7) ~ 馬出しと枡形

高崎根小屋城(7) ~ 馬出しと枡形

 根小屋城の最終話です。

124_20130718142734.jpg
 「北郭」からの「本郭」への登り道です。

根小屋北
 この図面は、日本城郭体系掲載図面からおこしましたが、本郭への登り道の位置が現状とは違いますね。

 公園化により、道がつけかえられてのでしょうか。

*さて、第1話にて、北条と上杉が組んだ為、武田は防備を固めるため、この根小屋城を造ったとされているお話をさせていただきました。

 武田は防備を固めた上で攻勢に出ました。

151_20130719111454.jpg
 「馬出し」に入りました。「本郭」からの射撃の制圧下にあります。

*1569年、武田軍は上野から、武蔵へと南下し、相模の小田原城を包囲し、三増峠の戦いで北条軍を撃破しました。

153_20130719111914569.jpg
 「枡形」の入り口です。

*翌1570年には、根小屋城南方向約二里の、武州御嶽城を奪取し、秩父の北部を制圧しました。

154_20130719112053.jpg
 「枡形」へ入りつつあります。

*同年、信玄は御殿場の深沢城を開城させ、北条氏を追い込みました。

155_20130719112156.jpg
 表示もありますね。

*北条氏は、上杉謙信へ援軍を要請しますが、謙信はあさっての方向へ兵を進める有様で、両者の同盟は上手く機能しませんでした。

156_20130719112239.jpg
 「枡形」内から「本郭」西側を撮影しました。手前が窪んでいますね。

 柵を設けて、柵で停滞する攻城兵を、槍で突いたのだと思われます。

*北条氏は、謙信と断ち、信玄との同盟を復活させました。

 根小屋城に、しばしの平穏が洩らされたことと思われます。

158_20130719112526.jpg
 「本郭」の西端です。

*この根小屋城に関する、良質な記録はほとんどありません。急造され、短期間で使用されなくなったからではないかと思われます。

159_20130719112702.jpg
 西端には「坂小口」の表示があります。

*北条と武田の同盟復活時に廃城になったのでしょうか。

160_20130719112807.jpg
 人が通った形跡がありますね。私は「下ったら絶対ケツズルズルになる」と感じ、下るのを思いとどまりました。

*武田滅亡時に廃城になったのでしょうか。

067_20130719113104.jpg
 北東からの、根小屋城の遠景でお別れです。

 武田の技巧的な遺構が満載ですし、適度に整備されていますので、多くの皆さんに訪問して頂きたい城です。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「群馬の城」
スポンサーサイト



Comment
お返事有り難うございます。
室賀様 お返事有り難うございます。

 土の城に興味を持つ方が少しでも増えるといいですね。

 私は今日明日、発達障害学会に参加です。会場に着いて一息入れたところです。福祉の勉強もしたいし、歴史もオモシロイし、土の城はやめられないし、いつもバタバタしています。
ありがとうございます
真田幸隆復帰時期の件ありがとうございます。

根小屋城は私が今年4月に行った時より、少し草が伸びていますが、歩けないほどではないですね。武田らしい城ですね。

天守閣の城が好きな高校の友人を吉見町の松山城に連れて行ったら驚いていました!
友人曰く「山城もこんなに良いとは!空掘りもこんなに深いんだ!土塁も高いし、人の作業で・・・。やはり戦国時代はあったし、信玄・謙信・信長・家康は実在の人物だったんだ」と。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード