FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  高崎根小屋城(6) ~ 挟撃に次ぐ挟撃

高崎根小屋城(6) ~ 挟撃に次ぐ挟撃

 根小屋城の第6話です。

根小屋北
 攻城兵が「北郭」を制圧した場合を考えてみました。

 「北郭」は、「東郭」や「二郭」よりも低い位置にあります。しかも、両郭へのアクセスは狭いのです。

 「北郭」の目の前には、「本郭」がゆるやかな横腹をされしています。

 攻城兵としては、このまま「本郭」へ攻め登ってしまえとなると思います。

 攻城兵が「北郭」から「本郭」へ攻め登りはじめると、「東郭」と「二郭」から伏兵が出てきて挟撃するといった作戦が考えられます。

143_20130719092322.jpg
 左が「本郭」の塁壁で、中央が小口で、右側が「二郭」です。

 ここでも二つの郭からの挟撃が企図されています。

149_20130719092644.jpg
 小口から「北郭」を振り返りました。

144.jpg
 小口から見た「二郭」の塁壁です。こちらはあまり高くないですね。槍での攻撃が考えれてていたのかもしれません。

148_20130719092959.jpg
 「二郭」は整備対象外となっているようです。

根小屋西
 「本郭」に「坂小口」の表示がありましたので、一応通路を描いてみました。

 しかし、実情は上り下りが不能の急斜面です。縄梯子を垂らしておいたのかも知れません。

145_20130719093450.jpg
 「本郭」と「二郭」の間の小口を通り過ぎると、南側へ進む道は下り坂となっています。

 「通りぬけ出来ません」の右側が「竪掘」です。

146_20130719093818.jpg
 道は下った後、左へ折れて、今度は上り坂です。

147_20130719094050.jpg
 更に登っていくと、「南帯郭」への小口へたどり着きます。

 「根小屋城第7話・馬出しと枡形」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「群馬の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード