FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  高崎根小屋城(5) ~ 丸馬出と落とし穴

高崎根小屋城(5) ~ 丸馬出と落とし穴

 根小屋城の第5話です。

根小屋西
 10数年前は西側から登りました。まあまあ急な登りだったと記憶しています。

 その急な西斜面にも、武田はきちんと防御構造を用意しています。

 「丸馬出」です。

 「丸馬出」の下の通路に達した攻城兵は、「丸馬出」からの射撃にさらされながら、図の右側にまわり、そこから「丸馬出」と「二郭」との間の堀底を左へ移動し、「北西郭」と「二郭」との間の小口へ進まなければなりません。

 その上、南側、二郭腰郭の南下には伏兵出撃路兼退却路があり、伏兵の不意打ちもあります。

140_20130718160711.jpg
 「北西郭」と「二郭」の間の小口から「丸馬出」を見下ろしました。

 中央に土橋があります。

141_20130718160859.jpg
 堀底に立ち、北側を撮影しました。

142_20130718161007.jpg
 左側が「北西郭」、右側が「二郭」の塁壁です。

 堀底道は奥へいくにつれで浅くなっています。

 多分、左側の堀際に柵を設けて、攻城兵が右上「二郭」からの攻撃にさらされやすいようにしたのだと思います。

根小屋北
 さて、「丸馬出」から北西郭へ進んだ攻城兵が次のターゲットとするのは「二郭」への小口か、「本郭」と「二郭」の間の小口ですが。その手前に井戸があります。

 私見ですが、これは攻城兵の侵攻スペースを狭め、攻城兵を陥れる「井戸兼落とし穴」ではないかと思います。

132r
 「北郭」側から撮影しました。

136r
 更に接近しました。

137_20130718165944.jpg
 落とし穴のアップです。

 「根小屋城第6話・挟撃に次ぐ挟撃」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「群馬の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード