FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  鴫山城(6) ~ 上千畳から谷あい登城路

鴫山城(6) ~ 上千畳から谷あい登城路

 鴫山城の第6話です。

113_20130623101023.jpg
 「上千畳・下千畳」の表示があり・・・

114_20130623100934.jpg
 更に進むと「上千畳」の表示があります。

 きっちり削平され、広大な面積があります。城主の御殿が設けられていたと思われます。

CIMG2290.jpg
 「上千畳」から、谷あいの登城路を進みます。所々、塁壁状地形がみられ、柵が設けられていたのだともわれます。

CIMG2291.jpg
 谷を進む攻城兵を左右の尾根上から挟撃する防御思想であったようです。

鴫山全体図
 今レポートしているのは、「門跡」「上千畳」から「御茶屋場」へ向かう、くねくね通路です。

124_20130623102253.jpg
 登城路に土塁が食い込んで、側面攻撃を仕掛け、通路を屈曲させている個所を見おろしました。

 DSCF1788.jpg
 上の写真の土塁と連動して、西側の尾根筋には、段郭が構築されています。

 少々判りにくい写真で申し訳ありません。

 「鴫山城第7話・御茶屋場と主水郭」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「東北の城」
スポンサーサイト



Comment
Re: 素晴らしい!
らんまる様 御来訪ありがとうございます。

 カラーだと感じがいいですか?

 ブタもおだてればなんとか・・・で、今後は好きな縄張りの城はカラーでアップしようと思います。

 酒を飲みながら描いていると最初は調子が良いのですが、酔いがまわるにつれ収拾がつかなくねるので
止め時が難しいですね。

 さて、本日は奥駿河で1000メートル級の山城に行って参りました。

 夏でも千メートル級だと涼しいですね。

 雷雨に見舞われて早帰りとなりましたが・・・

 千と言えば、千見城!

 今から楽しみにしております。
素晴らしい!
素晴らしい鳥瞰図ですね。カラーの図面にするとその良さが余計に伝わりるものです。

この図面に落ち着くまでに何百枚の下書きを描かれたと思います。
申し訳無いのですが、こういう趣味の方は図面で妥協するとは思えないので深酒しながらの努力の賜物だと勝手に解釈しております(笑)

毎年夏になると、城郭への想いも薄くなりがちですが、貴殿の恐ろしいまでの執念を目の当たりにすると、世の中には奇特なご仁もいるものだと感心しきりでございますw

秋の千見城、楽しみにしておりまする(笑)
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード