FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  鴫山城(4) ~ 御花畑と門跡

鴫山城(4) ~ 御花畑と門跡

 鴫山城の第4話です。

104_20130620105553.jpg
 東塁壁の尾根(高いほうの土塁)上は、守兵が移動できるよう通路状になっています。

鴫山全体図
 東塁壁を突破されると、御平庭はあっという間に制圧されてしまう構造ですから、東塁壁へ防御性の高い比高二重土塁を採用したことと思われます。

107_20130620111028.jpg
 遊歩道には、ここかしこに案内板が設置され、現在位置が表示されていますので、安心です。

108_20130620112452.jpg
 東尾根から城内へ、やや下った場所に広い削平地があります。

110_20130620112605.jpg
 削平地は「御花畑」だそうです。

 薬草や、籠城時の食料を栽培していたということです。

111_20130620113040.jpg
 「御花畑」から、「御平庭」と「大手門」を見下ろしました。

112_20130620113313.jpg
 「御平庭」へ降り立ち「門跡」を撮影しました。

 「大手門」を突破した攻城兵が、この「門跡」の前で停滞していると「上千畳」からの側面射撃にさらされることになります。

121_20130620113603.jpg
 「門跡」の内側には、「御嗽清水」(うがいしみず)があります。

122_20130620113937.jpg
 蒲生氏の時代から今に至るまで、水が枯れることはないということです。

 「鴫山城第5話・西塁壁と下千畳」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「東北の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード