FC2ブログ
HOME   »  史跡  »  旧富沢家住宅 ~ 国指定史跡

旧富沢家住宅 ~ 国指定史跡

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成25年5月28日、国指定史跡旧富沢家住宅に行ってきました。

富沢アクセス
 群馬県中之条町大字大道、県道53号線大道峠西方約1キロにあります。

017_20130601044002.jpg
 戦国末期の1575年頃、開拓により大道集落が形成されたそうです。その頃、吾妻郡は真田昌幸が領しており、1578年には、大道峠を越えた沼田領に昌幸は勢力を伸ばしていますので、沼田領侵攻へ向けた拠点確保として、昌幸が開拓を命じた可能性があると推察いたします。

021_20130601044109.jpg
 建物の中に入ることが出来ます。「うまや」です。
 
*今でこそ、標高800メートルの人里離れた山上といった趣ですが、江戸時代大道峠は越後と関東を結ぶ主要な街道であったそうです。

 三国街道が増水で通行できないときは、大道峠が使用され、大名や幕府の役人も通行したということです。

 旧富沢家住宅の直下を通る街道は、行き交う人々で大いににぎわっていたようです。

022_20130601044232.jpg
 「かまど」です。

*富沢家は、街道近くの立地を生かし、流通、金融、養蚕等を手掛け、財をなし、豪農となったそうです。

023_20130601044324.jpg
 「ざしき」です。ここで荷物を運ぶ指示を出したり、帳簿をつけていたのでしょうか?

024_20130601044527.jpg
 「でえ」と表示されていますが、家族やお手伝いさんの寝室だったのでしょうか?

025_20130601044658.jpg
 2階は立ち入り禁止となっていました。残念!

*旧富沢家住宅は、養蚕農家の造りとなっています。二階でカイコを飼えるようになっています。

018_20130601044759.jpg
 建築は1790年とされています。

 昭和45年、国の文化財に指定されました。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「史跡などの部屋」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード