FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  沼田荘反町城 ~ 新田再興の夢

沼田荘反町城 ~ 新田再興の夢

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成25年5月28日、反町城に行ってきました。

反町城アクセス
 群馬県沼田市白沢町高平、白沢小学校北東約250メートル、雲谷寺南方約250メートルにあります。

 「群馬の古城」には、新田義宗の城であると記されています。

001_20130531203452.jpg
 雲谷寺です。

*新田氏は赤城山南麓新田荘「反町館」に本拠を置く、士族でした。

004_20130601042000.jpg
 雨乞山中にあったものを、真田昌幸がこの地へ移したと記されています。

011_20130601042306.jpg
 雲谷寺から南を撮影しました。

 城っぽい地形は見当たりませんね~。若干の段差がありますので行ってみましょう。

*新田義宗は、有名な新田義貞の三男として生を受けました。

 父、新田義貞は、鎌倉幕府を滅亡に追い込む軍功を立てました。

008_20130601042543.jpg
 段差のアップです。群馬の中世城館跡掲載の図面とも照らし合わせましたが、ここで間違いないようです。

*やがて、南北朝の時代が訪れ、新田義貞は南朝方となり、北朝の足利尊氏との抗争に敗れ、討ち死にしてしまいます。

 1358年足利尊氏が没すると、新田義宗の兄、義興は、関東の南朝方を再結集させ、鎌倉を目指しましたが、多摩川の矢口渡で謀殺されてしまいます。

006_20130601042718.jpg
 今度は北側から撮影しました。

 往時は、水掘に囲まれていたのでしょうか?

*新田義宗は越後に逼塞せざるを得ませんでした。 「大田井城」 の大田井氏が義宗をかくまったとされています。

 1368年、 「川越館」 の河越直重が関東管領に反旗を翻します。川越直重は新田義宗へ連携を呼びかけました。

 義宗は、呼びかけに応じ、従弟義治とともに越後で挙兵すると、上野沼田荘へ進出、この地に拠点を構え、反町城と名付けました。

 赤城南麓で強大な勢力を誇っていた頃の拠点、反町館の名にあやかることで、新田再興を祈願したのだと思われます。

007_20130601042933.jpg
 主郭は畑となっていました。

*しかし、川越直重は関東管領の前に滅亡してしまいます。この地にも管領の手先が大挙来襲し、新田義宗は討ち死にし、従弟義治は出羽へ逃れました。

012_20130601043115.jpg
 雲谷寺南方には旧会津往還道標があります。その解説版です。

*反町城は旧会津往還に隣接しています。新田義宗は「自分はこの場で死のうとも従弟義治は、会津から出羽へと逃し、新田の血をつなげたい」と考えこの地を選んだのかもしれません。

013_20130601043324.jpg
 道標です。

*しかし、従弟義治も間もなく出羽で亡くなり、新田再興の夢ははかなく消えたのでした。

010_20130601043432.jpg
 反町城から見上げた、旧会津往還の、会津へ続く峠の遠景でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「群馬の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード