FC2ブログ
HOME   »  史跡  »  石積出と将棋頭 ~ 信玄の治水事業

石積出と将棋頭 ~ 信玄の治水事業

 みなさんこんにちわ。中世城郭愛好家、武蔵の五遁です。

 平成25年5月21日には、石積出と将棋頭に行って参りました。

須沢アク
 山梨県南アルプス市にあります。

072_20130526100330.jpg
 武田信玄の時代、南アルプスから急角度に流れ降りる、御勅使川が度々氾濫し、農業に打撃を与えていました。

 そこで御勅使川の流路を北へつけかえ、下流で広大な岩盤地形「高岩」へぶつけることにより、氾濫を防ぐことが考えられました。

 その事業の解説版です。

074_20130526100948.jpg
 御勅使川が山あいから、扇状地へ出る場所に「石積出」と呼ばれる堤防を築き、流路を北へと導きました。

 写真は復元された「石積出」の二番堤です。

030_20130526101223.jpg
 下流の御勅使工業団地の中ほどに、「将棋頭」があります。

032_20130526101435.jpg
 「将棋頭」は、御勅使川の主流を北へ誘導すること。支流を南に作り、水流を分断することにより、その力を削ぐ役割があったと思われます。

031_20130526101752.jpg
 航空写真が掲示されています。

*ヤフーやグーグルの航空写真でも確認できますよ。

033_20130526101909.jpg
 自然と向き合う中で、人間は文明を発展させていったのですね。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「史跡などの部屋」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード