FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  箱田城 ~ 天正の改修か

箱田城 ~ 天正の改修か

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成25年4月7日、お城仲間のMさんと箱田城に行ってきました。

真壁箱田アク
 群馬県渋川市北橘町下箱田にあります。

136_20130523142342.jpg
 北側から見た箱田城です。比高はさほどなく、岡城の分類となりましょうか。

142_20130523142449.jpg
 山上には模擬天主っぽい、温泉宿泊施設が建てられています。このことにより遺構が一部破壊されているようです。

143_20130523142602.jpg
 白井長尾氏の出城である。中世末期の築城法がわかると記されています。

y001.jpg
 解説版掲載平面図から、鳥瞰イメージ図を起こしてみました。岡全体がこの様な構造となっているのではなく、岡のてっぺんの中心部に、このような遺構がちょこんとのっかっているとご理解ください。

*搦手も大手も食い違いとなっています。搦手には武者遁が設置されています。

 大手は土橋を経由して、土塁のへりに通路を設け、土塁からの直接攻撃を可能としています。

 土塁には折りがつけられており、小規模ながら戦国末期を思わせる技巧性です。

137_20130523143724.jpg
 北側の残存土塁です。

140_20130523143927.jpg
 西側の土塁は、道路設置により一部破壊されています。

141_20130523143845.jpg
 北側の堀です。立ち入り禁止の表示があります。

145_20130523144205.jpg
 西から南へまわろうとしましたが、同じく立ち入り禁止です。

*本能寺の変の後、前橋城主北条(きたじょう)高広は、真田昌幸と連携して、北条(ほうじょう)氏直と刃を交えます。

 箱田衆を含む白井長尾氏は、北条(ほうじょう)氏直派でした。

 そこで、箱田衆は、北条(きたじょう)高広と領地を接するこの地に、箱田城を普請、もしくは大改修したのではないかと推察いたします。

138_20130523144735.jpg
 箱田城から眺めた利根川の風景でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「群馬の城」
スポンサーサイト



Comment
流転の高広さん
丸馬出様 御来訪ありがとうございます。

 私は流転の武将藤田信吉マニアですが、高広さんと
勝るとも劣らぬ流転ぶりですね。
 最後まで景勝さんの援軍が来ると信じていたようで
すね。そのような内容の書面が残されているそうです。
 景勝さんは春日山と近い信濃を優先してしまいまし
たね。
 昌幸さんにとっては、高広さんが防波堤となってく
れたので、防備を整える余裕が出来て、有り難かった
ことでしょう。
北条高広さん
てっきり、上杉謙信さんに平定されて没落したと
思っていたのですが調べてみると
上杉、北条、武田、と主を変えて
奔放に生きていたのですね。
すこし憧れてしまいました。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード