FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  西窪城(2) ~ 南西段郭

西窪城(2) ~ 南西段郭

 西窪城の第2話です。

DSCF1626.jpg
 上郭背後の堀です。

 この堀側から登った方が楽なので、皆さんにはこのルートをお勧めします。

DSCF1628.jpg
 堀を先ほどと反対側から撮影しました。ん? 何かありますね。

DSCF1627.jpg
 嬬恋かるたです。かるたは、この堀を外堀と解釈しているようです。私の解釈と違いますね。ここは単なる堀切だと思います。

 縄張図には、南西方向に段郭が記載されています。

西窪アク
 こちらは私が地形図に落とし込んだものです。断言します。私の方が正確です。

 さて、南西段郭へ移動します。

DSCF1569.jpg
 往時のものか、農地改革で昭和の頃に作られたのか定かではありませんが、塁壁があります。

*江戸時代に入ると西窪氏は真田上田藩に仕えました。

DSCF1573.jpg
 先程の塁壁を登った場所にも、段々があります。

*真田上田藩から、真田沼田藩が別れると西窪氏は沼田藩に仕えました。

 しかし、ほどなくして真田沼田藩は統治の不都合を理由にとりつぶされました。

DSCF1574.jpg
 その上にも段々はあります。

*西窪氏は、二君に仕えるのを潔くないと判断し、大笹関の関守となり、幕末まで関守を務めました。

DSCF1567.jpg
 南西段郭の南側は、断崖となっており、この方向からの攻城は不可能です。

 しかし、段々の北西方向から攻められたときはどうするのでしょう。その方向への備えが、どこかにあるはず・・・と、徘徊をしました。

 「西窪城第3話・外構えへの考察」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「群馬の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード