FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  小笠山砦(2) ~ 土橋分断防御ライン

小笠山砦(2) ~ 土橋分断防御ライン

 小笠山砦の第2話です。

008_20130302091253.jpg
 小笠神社のある郭です。

*1568年12月、武田信玄は駿河へ、徳川家康は遠河へ侵攻し、今川氏真を挟撃します。

009_20130302091345.jpg
 ここは小笠山砦で一番広い面積があり、兵士の駐屯場所であったと思われます。

*武田軍はさった峠で今川軍を撃破すると駿府城へ殺到します。今川氏真は駿府を捨て掛川城に逃げ込みました。

小笠山砦東峰
 小笠山砦の東側は、防御拠点を連郭式に設定し、防御拠点と防御拠点を土橋でつなげています。

011_20130302094130.jpg
 A方面から見た土橋1です。

*徳川家康は掛川城を攻囲します。その時に徳川家康が本陣を置いたのが、この小笠山砦であるということです。

013_20130302094636.jpg
 土橋1から土橋2への登り道です。

*掛川城の抵抗は頑強で、家康は攻城にてこずり、翌年の4月には信玄から「早く落としてしまえ」と催促されたとの話が残っています。

014_20130302095006.jpg
 土橋1と土橋2の間の、右側の横堀です。

*5月になると、今川氏真は城を明け渡しました。約半年の籠城でした。その頃、徳川家康は掛川城に加え、高天神城も奪取し、遠河の覇権を確かなものへし始めました。

017_20130302095238.jpg
 Bの郭です。

*徳川家康が半年間、この小笠山砦で掛川城攻めの指揮をとっていたのですから、徳川ファンから聖地扱いされても不思議ではないと思うのですが、何故か小笠山砦は無名です。
(私は、武田、真田ファンです。)

018_20130302095337.jpg
 土橋1と土橋2の間の、左の横堀です。

 「小笠山砦第3話・笹嶺御殿」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「静岡の城」
スポンサーサイト



Comment
富士浅間の砦
室賀様 御来訪ありがとうございます。

 富士浅間の砦へ行かれましたか? 私のレポートのアクセス情報が不親切であった為
ご苦労をおかけし、申し訳ありませんでした。

 名胡桃城からは沼田城は見えないのですが、富士浅間の砦からは沼田城が見えるん
ですよね。

 また、富士浅間の砦からは、名胡桃城の全域が手に取るように見おろすことが出来
富士浅間の砦を取られたら、名胡桃城の防衛はおぼつかないことが理解出来ます。

 北条軍も富士浅間の砦を奪取した後に、名胡桃攻めを敢行したのだと思います。

 さて、武田激戦地として高天神城周辺の城塞を踏査しておりました。

 もしかしたら「お~い」と呼ばれたのかも知れませんね。

 攻囲六砦の倍以上の城塞が構築されており、その濃密度にはあきれるばかりです。

 話は二転三転しますが、私も鎌原城に行って参りました。

 案内板が整備され、史跡に関する理解が深まったことを感じ感無量でした。

 多分6年ぶりの訪問ですが、三の丸と二ノ丸の間の残存横堀は幅が10メートル
ほどあり、武田の援軍による増築であろうと感じました。

 隣接する大前城や西窪城の周辺にも外構えと思われる幅の広い堀が残存しており
びっくりでした!



> お世話さまです。先週金曜日に富士浅間の砦に行きました。気温25度で少しばてました。逆ルートで行き、砦のみを往復と考えましたが、迷ってしまい、急斜面を登りました。
>
> 山頂から名胡桃城を見たときは感動しました。
> あの砦は、1年で45日程度しか行けません。春は完全雪解けから1ヶ月弱までで、ヤブに!もう来週は雑草がどんどん伸びているでしょう。
> 9月下旬でもまだ、大ヤブで断念。12月上旬に砦が雪で埋まり、砦の下のみしか行けないと考えると、11月下旬〜12月上旬。4月上旬限定の砦です。
>
> 日当たりが良過ぎて、雑草の伸び方は半端ないです。
>
> しかし、皆様はあのような急斜面を毎週登るとは、さすがです。
> 私も大学時代「武田信玄公・真田幸隆・昌幸」の史跡を、がむしゃらに回りました。今は、あまり急斜面は嫌です(笑)
>
> ついでに鎌原城(看板新設で、迷いなし)・羽尾根城に行きました。沼田・吾妻は全国の中でも、今も戦国の臭いがプンプンします。
>
> あと、やはり黒潮の影響で暖かく、高天神辺りは冬でも植物が違いますね。この冬は遠州に凝られたようで、多分、高天神城の本丸下から埼玉県所沢に向けて「おーい!」と呼んでいるからでしょう(笑)
お礼②
お世話さまです。先週金曜日に富士浅間の砦に行きました。気温25度で少しばてました。逆ルートで行き、砦のみを往復と考えましたが、迷ってしまい、急斜面を登りました。

山頂から名胡桃城を見たときは感動しました。
あの砦は、1年で45日程度しか行けません。春は完全雪解けから1ヶ月弱までで、ヤブに!もう来週は雑草がどんどん伸びているでしょう。
9月下旬でもまだ、大ヤブで断念。12月上旬に砦が雪で埋まり、砦の下のみしか行けないと考えると、11月下旬〜12月上旬。4月上旬限定の砦です。

日当たりが良過ぎて、雑草の伸び方は半端ないです。

しかし、皆様はあのような急斜面を毎週登るとは、さすがです。
私も大学時代「武田信玄公・真田幸隆・昌幸」の史跡を、がむしゃらに回りました。今は、あまり急斜面は嫌です(笑)

ついでに鎌原城(看板新設で、迷いなし)・羽尾根城に行きました。沼田・吾妻は全国の中でも、今も戦国の臭いがプンプンします。

あと、やはり黒潮の影響で暖かく、高天神辺りは冬でも植物が違いますね。この冬は遠州に凝られたようで、多分、高天神城の本丸下から埼玉県所沢に向けて「おーい!」と呼んでいるからでしょう(笑)
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード