FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  津久井城(6) ~ 続々「図解最強飯縄郭」

津久井城(6) ~ 続々「図解最強飯縄郭」

 津久井城の第6話です。

GEDC1480.jpg
 飯縄郭の南端には「大杉」があります。

津久井飯綱1
 この図では単に「杉」と記しています。

 「D」から「四郭」へ到達するには、「二郭」と「四郭」からの射撃にサラサレながら、人ひとりが通るのがやっとの狭い道を進まなければなりません。そして大杉の場所で屈曲を強いられます。

GEDC1481.jpg
 縄張りには関係ありませんが、樹齢900年ということなので、敬意を表して写真を掲載させて頂きます。津久井城の築城から廃城、そして現在に至るまでを見つめ続けていた木ということになりますね。

津久井飯綱2
 裏側からのイメージ図です。

 「四郭」へ攻め入ろうとする攻城兵は、大杉で屈曲を強いられた攻城兵は、食い込む堀で進路を狭められます。

 「G」からの侵入路は、現在、直線侵入の登山路が設けられ、長土塁の一部が破壊されています。破壊される以前を想定して描きました。

GEDC1483.jpg
 「四郭」から「二郭」への小口です。

 奥に「主郭」の塁壁が見えます。

GEDC1477_20130216091009.jpg
 「主郭」には「飯縄曲輪」の表示があります。

GEDC1478.jpg
 「主郭」の南西面には土塁があります。イメージ図には描きもれですねすみません。

GEDC1476.jpg
 「主郭」には神社が鎮座しています。

 「津久井城第7話・太鼓郭」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「神奈川の城」
スポンサーサイト



Comment
Re: 信州で一献如何ですか?
らんまる様御来訪ありがとうございます。

 お誘いありがとうございます。

 早春の信州のさわやかさは筆舌に尽くしがたいものがあります。

 Mさんと相談して、その上でらんまるさんに相談させて頂きたい
と思います。

 個人的には、敬愛する真田幸隆公が攻められた尼巌城を踏査した
いという宿願を今年中に果たしたいと思っております。

 遠河は蜘蛛や何やら虫たちが元気になってきましたので、また、
寒くなるまでお別れです。
信州で一献如何ですか?
雪も消え、桜前線もすぐそこに来ていますね。

春まだ浅い信濃路へMさんと共にお出かけ下さいませ。
小生も、ていぴす殿も大歓迎ですよ。

皆で温泉に浸かり、酒を酌み交わし、明日攻める城の縄張りなど語り明かすのも気分転換にはようござる(笑)
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード