FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  初沢城(3) ~ 管領の手に落ちる

初沢城(3) ~ 管領の手に落ちる

 初沢城の最終話です。

042_20130208145137.jpg
 本郭です。

y初沢2
*室町時代、関東管領山内上杉氏と、扇谷上杉氏は18年の長きにわたって抗争を続けました。

 長亨の乱です。

043_20130208151042.jpg
 本郭から図手前側の二段の郭を撮影しました。大変申し訳ありません。BとCの表示が逆になってしまっています。

046_20130208145802.jpg
 本郭の、図ですと裏側へ開けた小口です。

*1504年、椚田要害には扇谷上杉派の長井氏がおりました。山内上杉勢はこれを攻め、落城させています。

044_20130208150204.jpg
 本郭は細長いです。

*山内上杉氏は青梅の三田氏へ椚田要害を与えました。

 三田氏の関東管領家への忠誠心はこの時に強くなったのでしょう。

047_20130208150407.jpg
 本郭側から見た土橋です。

*戦国期、関東が北条派に染まる中、三田氏は関東管領となった上杉謙信への忠誠を貫き、没落しています。

048_20130208150601.jpg
 E郭から見上げたD郭の塁壁です。左側に堀が食い込み、通路は右側へ屈曲しているのが見てとれます。室町時代の両上杉氏は横矢思想を持っていました。

 遺構は保存状態が良いものの、堀幅等は室町期から戦国初期を物語るもので、この地域が北条氏の勢力圏内として落ち着いた時点で、使用されなくなったと思われます。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「東京の城」
スポンサーサイト



Comment
Re: 初沢まで!
リュウ様 ご来訪ありがとうございます。

 初沢城は、駅があんなに近いのに、よく残っていますよね。
 やはり、北条の一つ前の時代を感じられましたか。同感であります。
初沢まで!
大学生の頃に私も行きました。やはり北条の一つ手前の時代感は拭えない記憶が残ってます。実はもう10年近くなりますが、我が家のペットが遺構を破壊?したと思われる隣接寺院に眠っております。こちらのスケッチを片手にまた行ってみたいです!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード