FC2ブログ
HOME   »  史跡  »  上野補陀寺 ~ 大道寺駿河守墓所

上野補陀寺 ~ 大道寺駿河守墓所

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成25年1月12日、お城仲間のMさんと補陀寺に行ってきました。
 群馬県安中市松井田町新堀、信越本線西松井田駅北方約250Mにあります。

GEDC1270_20130124123014.jpg
 室町時代の創始とされています。

GEDC1271_20130124123709.jpg
 大道寺駿河守政繁の墓所があることが記されています。

*大道寺氏は、北条早雲の頃からの、北条家の重臣を代々務めました。

 戦国末期の1582年、松井田の地は北条家の治めるところとなりました。

 松井田は信濃との境目で、国防上重要な場所であったので、北条家は重臣の大道寺駿河守政繁を城主に据えました。

GEDC1272_20130124123958.jpg
 山門のアップです。

*北条氏は、徳川家康と同盟を結び、豊臣政権に対抗しようとしました。

 しかし、豊臣秀吉は、家康配下の信濃の豪族たちを次々と寝返らせます。木曽義昌、小笠原貞慶、真田昌幸たちでした。家康は秀吉の圧力に屈し臣下の礼をとりました。1586年のことです。

GEDC1273_20130124124534.jpg
 立派なお堂ですね。

*徳川家康は、北条氏直へ、上洛し秀吉の配下になるよう勧めます。

 しかし、北条家の天敵上杉景勝が豊臣政権で重きをなしているのが気に食わなかったのでしょうか。

 氏直はなかなか上洛しませんでした。

 その頃から、大道寺駿河守政繁は補陀寺背後の松井田城の大増築を始めたようです。

GEDC1274.jpg
 先ほどのお堂に向かって、左奥に墓所を示す石碑があります。

*1589年、豊臣秀吉はついに北条征伐の軍を催しました。

 北条家では、配下の武将に、本拠である小田原城に参集するよう命じました。

 しかし、大道寺駿河政繁は松井田城に籠りました。

 一説によると、政繁は独自に秀吉傘下の前田利家と連絡をとり、北条家存続の交渉をしていたのではないかということです。

GEDC1276_20130124130020.jpg
 先ほどの石碑の表面です。大道寺政繁の戒名でしょうか?

*大道寺政繁はしばしの抵抗の後に、前田利家に降りましたが、豊臣秀吉の厳命により切腹させられてしまいました。

 その子孫は、前田家に保護されたのち、徳川家に召しだされ、旗本として存続したということです。

GEDC1275_20130124131419.jpg
 松井田城の素晴らしい遺構を観察できるのも、大道寺駿河守政繁さんのおかげですね。安らかにお眠りください。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「史跡などの部屋」


スポンサーサイト



Comment
Re: 奇遇ですなあ~
らんまる様 御来訪ありがとうございます。

 江戸時代初期の坂城代官からすると・・・
 村上義清公の墓所を建立して、人心を慰撫したかったのでしょうけど、村上家が代々祭り上げられ
何らかの権威を持ってしまうことには警戒をしたことでしょう。
 国清さんの墓所が人里離れた谷合にあるのは、そういった事情ではないでしょうか?

 大道寺駿河本人は切腹させられましたが、子孫は粛清に逢わず、登用されています。秀吉の感情的な
処置に納得しない方々も多かったのでしょうね。

 墓所を訪れると、そこから出自や、子孫のことなど調べることになり、結果として知識が広がるのは
有り難いことです。

> 墓所の記事などふだんは書かないのですが、小生は今回村上国清の墓所について記事を書きました。
> やはりこういう場所も掲示したほうが歴史好きの皆さんの参考になるのでしょうね。
>
> 大道寺さん、その豪傑ぶりからは納得の出来ない生涯の終わり方でした。秀吉の奢りと見せしめの姿勢は酷いものです。政繁さん、小諸城にも来ていたので信州人としては親しみを持っています。
奇遇ですなあ~
墓所の記事などふだんは書かないのですが、小生は今回村上国清の墓所について記事を書きました。
やはりこういう場所も掲示したほうが歴史好きの皆さんの参考になるのでしょうね。

大道寺さん、その豪傑ぶりからは納得の出来ない生涯の終わり方でした。秀吉の奢りと見せしめの姿勢は酷いものです。政繁さん、小諸城にも来ていたので信州人としては親しみを持っています。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード