FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  古河城(1) ~ 繁栄の東都

古河城(1) ~ 繁栄の東都

 みなさん、こんにちは。中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成24年12月22日、お城仲間のMさんと古河城に行ってきました。
 茨城県古河市にあります。

e003.jpg
*室町時代の1454年、第5代鎌倉公方として東国を差配する足利成氏は、関東管領を謀殺し、管領家と公方家は敵対します。結果として、西関東が管領家の勢力範囲、東関東が公方家の勢力範囲となり、足利成氏は古河に住んだ為、古河公方と呼ばれるようになりました。

 戦国時代の古河城は河川の流路変更工事により消滅し、堤防の上に標柱が立つのみです。

GEDC0979.jpg
 堤防の下の道を車で進みます。この階段が目印です。

*古河は公方の住む町、東の都、「東都」と呼ばれ繁栄したということです。

GEDC0978_20130105160627.jpg
 古河城本丸跡の標柱です。

 標柱の奥、住宅地の手前の原っぱは「シダ堀」と呼ばれた堀の跡のようです。

GEDC0976.jpg
 北側から標柱を撮影しました。

 奥に写っている国道354号の青い橋も目印のひとつです。

GEDC0977.jpg
 河川敷です。上空から赤外線写真で撮影すると戦国時代の縄張りが浮き上がって写るそうです。

*徳川家康の関東入府以降は、徳川家の大老などが入れ替わり入り、戦国期の2倍以上に拡張されました。

GEDC0983.jpg
 本丸跡標柱の北東に「古河歴史資料館」があります。

GEDC0984.jpg
 資料館は拡張時の諏訪郭に立地し、土塁や堀が残存しています。

 「古河城第2話・日光参内宿所」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「茨城の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード