FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  虚空蔵山城(3) ~ 18回に及ぶ攻防

虚空蔵山城(3) ~ 18回に及ぶ攻防

 虚空蔵山城の最終話です。

*1583年(天正11年)、徳川家康が信濃へ出陣するという風評が流れると、上杉景勝は「虚空蔵山城へ北信の兵を集結させる」ことを命じました。

m003_20121224034850.jpg
 西から攻城兵が攻め登って来ると、まず五郭に到達するわけですが、そこは三郭からの射撃の制圧下にあります。どうにか四郭に到達しても、二郭の射撃の制圧下にあります。攻城兵が「堀切兼小口2」へ攻めよせると「堀切兼小口1」から伏兵が出撃する。攻城兵が「堀切兼小口1」へ攻めよせると、「堀切兼小口2」から伏兵が出撃する・・・ 堅固な縄張りです。

*同年、3月21日、当時徳川配下であった真田昌幸は先手を打って虚空蔵山城を急襲し、城将駒沢主税守を討ち取る等多大な戦果を上げましたが、奪取するまでには至りませんでした。

mGEDC0802_20121224041159.jpg
 堀切3です。

*徳川家康は対上杉の最前線として、虚空蔵山城直下の尼ヶ淵へ上田城を築城させます。

 同年8月の上田城完成をもって、両軍はこう着状態となりました。

mGEDC0805.jpg
 手前が五郭で、奥が四郭です。接点がくびれています。ここに門が設置されていたのではないかと思い、図に書き込みました。

*翌1584年(天正12年)3月、小牧長久手の戦いが勃発しました。豊臣秀吉と徳川家康の戦いでした。

 上杉景勝(豊臣秀吉派)と、真田昌幸(徳川家康派)の間にも緊張が走りました。

mGEDC0800.jpg
 四郭から見上げた二郭の塁壁です。

*4月1日、徳川家康は、上杉の配下にいた屋代秀正を寝返らせました。屋代秀正は荒戸城に籠りました。

mGEDC0808.jpg
 虚空蔵山城から見下ろした荒戸城の写真です。

*屋代秀正は荒戸城を支え切れず、虚空蔵山城へ退却したということです。ここに虚空蔵山城は徳川の城となり、対上杉の最前線となったのでした。

mGEDC0803.jpg
 手前が二郭塁壁、奥が本郭塁壁、間が「堀切兼小口1」です。

*平山優著「武田遺領をめぐる動乱と秀吉の野望」によりますと、上杉景勝はすぐに追撃の兵を向け、18回にも及ぶ攻防戦の末、城方は鉄砲の弾薬を使い果たし、最後は弓矢で防戦したということです。しかし、天嶮に守られた虚空蔵山城は落城せず。上杉は兵を引きました。

mGEDC0801.jpg
「堀切兼小口1」方向から見た四郭です。

*翌1585年(天正13年)7月、真田昌幸は徳川家康を見限り、上杉景勝に臣従することになりました。屋代秀正は上杉領内に孤立することになりました。

 屋代秀正は虚空蔵山城を捨て、徳川領へ逃亡しました。 これ以降、虚空蔵山城の名は記録にあらわれず。廃城となったと思われます。

 こうして城歴を振り返ってみると、虚空蔵山城は自落こそあれ、攻防により落城したことは無いようです。無類の堅城と呼ばねばなりませんでしょう。

 体力に自信のある方のみにお勧めです。mGEDC0811.jpg
 西の鳥小屋城から見上げた、虚空蔵山城の遠景。

IMG_2607.jpg

 千曲川対岸の狐落城からの遠景でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「長野の城」
スポンサーサイト



Comment
Re: 藪レンジャ-上州遠征
お師匠 ご連絡ありがとうございます。

 余湖さんとも御無沙汰しておりますし、前向きに検討したいところです。

 攻城日程や宿泊場所等の情報があれば、有り難いです。

 場合によっては、どちらか一日とさせて頂くかもしれません。

> 2/9・10の一泊二日で藪レンジャ-さんらが上州へ攻め寄せる予定です。参加されるのならご一報を。
>  最近は前橋嶺町にある嶺城を見つけました。丘城で箕輪城を思わせる空堀で、中々の規模の城でした。
藪レンジャ-上州遠征
2/9・10の一泊二日で藪レンジャ-さんらが上州へ攻め寄せる予定です。参加されるのならご一報を。
 最近は前橋嶺町にある嶺城を見つけました。丘城で箕輪城を思わせる空堀で、中々の規模の城でした。
Re: どちらから
丸馬出様 御来訪ありがとうございます。

 真田昌幸が攻めた時は、持越城ルートの可能性がありますね。

 上杉景勝が攻めた時は、百パーセント、鳥小屋城ルートでしょうね。

 真田昌幸が平地に上田城を築く時代に、標高千メートルの岩山で、
たび重なる攻防があったことが、皮肉ですね。

 虚空蔵山城は、水の手が無いので、鳥小屋城から水を毎日運んでいた
のだと思います。
どちらから
攻城ルートはやはり鳥小屋城方面
からでしょうか。なかなか考えられないような
けわしい岩山ですよねえ
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード