FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  小谷黒川館 ~ 千国氏居館

小谷黒川館 ~ 千国氏居館

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成24年10月31日、黒川館に行ってまいりました。

s002_20121111092325.jpg
 長野県北安曇郡小谷村千国乙黒川にあります。

 南小谷駅すぐ南で線路を渡り、一本道を南下していくと集落があります。

 看板がありますが、その周辺に車を停めることが出来るスペースは無いので、通り過ぎた左側の空き地に車を停めさせて頂きました。

GEDC0492.jpg
 この看板が目印です。

 千国氏の居館です。

 「埋もれた古城の岩原城レポート」によると・・・

 仁科氏の一族に岩原城主堀金氏がおりました。仁科氏は武田信玄の配下となり、武田勢と共に小谷平倉城を攻め落とし、小谷を領国に加えました。堀金氏の支族が千国盛信を名乗り、小谷の支配にあたったということです。

GEDC0494.jpg
 道を下っていくとスグに堀と土塁が見えてきます。

s006.jpg
 北側から見た現況のイメージ図です。往時はもっと広かったのが、崩落により狭くなってしまったとのことです。

GEDC0495.jpg
 堀です。

GEDC0496.jpg
 解説版には土豪千国氏としか書いていなかったので帰ってから、千国氏の出自について調べました。小谷衆の中に千国氏の名前が無かったので在地衆では無い。小笠原家臣団、仁科家臣団に千国氏の名前があるというところから、冒頭の仁科氏分流であることにたどりつきました。

GEDC0498.jpg
 背後の黒川城を詰城としていたとのことです。

 写真は黒川館から見上げた黒川城です。

GEDC0500_20121111093716.jpg
 土塁上には石碑があります。

GEDC0499_20121111094119.jpg
 郭内です。

p0504.jpg
 姫川の対岸には、塩の道が通っています。

GEDC0505.jpg
 黒川館から見おろした姫川でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「長野の城」
スポンサーサイト



Comment
Re: 迫力ですねえ
丸馬出様 御来訪ありがとうございます。

 黒川城は明日のレポートとなります。

 往時の街道が近くを通っており、街道を押さえる意味も
あったと思われます。

 佐久海ノ口城でも実感したのですが・・

 昔の街道は厳しい登りも何のそのですね。

 川沿いで氾濫や崩落に遭遇するよりは、厳しくても山道
の方が安定したルートだったのでしょう。

> ふもとから見上げる黒川城は
> 迫力がありますねえ。
> (なんとなく、堀切と郭がありそうな感じが
> する写真ですね)
迫力ですねえ
ふもとから見上げる黒川城は
迫力がありますねえ。
(なんとなく、堀切と郭がありそうな感じが
する写真ですね)
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード