FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  布引観音北尾根遺構群(1) ~ 布引城か?

布引観音北尾根遺構群(1) ~ 布引城か?

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成24年10月6日、お城仲間のMさんと布引観音背後、北側の尾根を踏査し、城郭遺構の存在を確認しました。

 武田信玄が小県・佐久へ進出した際、楽厳寺雅方が布引城にあって頑強に抵抗したとの記録があります。しかし、その布引城がどこにあるのかは明らかにされてきませんでした。

 「楽厳寺雅方が築いた楽厳寺城の別名が布引城だ」とする方もいます。しかし、直近のフリー百科事典によると「楽厳寺城は楽厳寺雅方が武田に降参してから築かれた」とされています。武田に抵抗している時に楽厳寺城は無かったのです。

 楽厳寺雅方が武田に抵抗した布引城は、楽厳寺城とは別にあったはずです。

 楽厳寺雅方が武田に攻められた際に布引観音・音釈尊寺が焼失しているので、布引城は布引観音・釈尊寺の近くにあるはずだと考えました。

k001.jpg
 丸をつけた場所です。長野県小諸市大久保にあります。

 釈尊寺から登り口を探しましたが見当たらず、楽厳寺城へ車で移動し、楽厳寺城から尾根を下っていきました。

 私はこの遺構が布引城である可能性が高いと思いますが、学術的に認められたわけではないので、「布引観音北尾根遺構群」として紹介します。

GEDC0356_20121013071134.jpg
 楽厳寺城から自動車道を下り自動車道が右へ、ヘアピンカーブする手前の左側にニ本の鉄棒があります。

 布引観音北尾根遺構群への入口です。

k003.jpg
 地形図に遺構を落とし込みました。

 物見と記した場所は「長野の中世城館跡」掲載図面では楽厳城の保塁のひとつとして描かれています。

p0359.jpg
 千曲川対岸の低い場所から撮影した位置関係のわかる写真です。

 「主郭」の表示は、布引観音北尾根遺構群の「主郭」です。

GEDC0299_20121014063536.jpg
 物見保塁です。ただの山と言った様相ですが、注意深く観察すると、人の手が加えられた痕跡が僅かに感じられます。

 布引観音北尾根遺構群は、北、東への眺望は開けているものの、南西側は見通せない為、南西側の敵勢の動きを把握するために、物見保塁の設置は欠かせないものだったと思われます。

a0303.jpg
 その痕跡・・・ 腰郭です。

GEDC0304_20121014064642.jpg
 物見保塁から下りきった谷間には、広い削平地がありました。これは城郭遺構ではなく、僧坊の敷地であった可能性もありますね。

GEDC0307_20121014065248.jpg
 削平地を下から見上げました。塁壁っぽくなっていますね。

 次回は明確な城郭遺構を紹介できます。

 「布引観音北尾根遺構群第2話・登り土塁」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「長野の城」
スポンサーサイト



Comment
Re: 群馬県富岡市にある丹生城
お師匠! ご来訪ありがとうございます。

 丹生城は随分と昔にアテンドいただいた城ですね。

 先人の図面は有難く、参考にしますが、信じ切ってはいけないんですよね。

 人間には、見落としがございますから・・・

 こっちの防備はどうなってるのだろう?と気になっていってみたら、先人の
図面にない遺構があることは時々ありますね。

 それも、お城巡りの楽しさの一つですね。

> 17日に丹生城へ登ってきました。今回は徹底的に歩きまして、本丸・西の丸の南斜面を歩き、東側麓にある金乗寺の入り口脇にある縄張り図の通りに南支尾根が二つあり、櫓台のある尾根と本丸のなんと尾根の曲輪3とある尾根も今回歩いて、曲輪3の東尾根が続き腰曲輪が階段状にあるのを見てきました。(これは縄張り図に描かれていません。)後日報告します。
Re: タイトルなし
丸馬出様 ご来訪ありがとうございます。

 山城ガイドですか・・・ いいですね。

 昔は、図書館に行って日本城郭体系を借りて調べたものですが、
今は城本が出て、ネット上にもお城の情報があふれるようになり
ました。

 お城好きの人が増えて嬉しい限りです。

> ご存知だと思いますが
> 完全詳細 山城ガイド
> という歴史群像系の本がでていました。
> いい物件が選ばれていてよかったですよ。
群馬県富岡市にある丹生城
17日に丹生城へ登ってきました。今回は徹底的に歩きまして、本丸・西の丸の南斜面を歩き、東側麓にある金乗寺の入り口脇にある縄張り図の通りに南支尾根が二つあり、櫓台のある尾根と本丸のなんと尾根の曲輪3とある尾根も今回歩いて、曲輪3の東尾根が続き腰曲輪が階段状にあるのを見てきました。(これは縄張り図に描かれていません。)後日報告します。
ご存知だと思いますが
完全詳細 山城ガイド
という歴史群像系の本がでていました。
いい物件が選ばれていてよかったですよ。
Re: 遠征の際には
丸馬出様 ご来訪ありがとうございます。

 私は風の音が好きなので、わざと窓をあけたりします。

 音の感じ方は、ひとそれぞれですね。 

 今日、明日はお休みなので、八王子城の記事作りをします。

 10年ぶりの八王子城は、立ち入り禁止区域が増えていて・・・

 というか、通路から出るな的な表示が多く配され・・・

 見ることができた範囲での記事になりますが・・・

 上杉景勝が通った道をたどって太鼓郭へ行けたのが楽しかったですね~

 では!

> 遠征の際に高速を使う場合は
> 耳栓つけるといやな雑音が減って
> 疲れにくいので試してみてください。
> (車が高級車になったみたいです)
> 3Mの耳栓を使っていますが
> 音楽はよく聞こえるのでお勧めなんですが
> ライブ用の耳栓とかもあるようなので
> いろいろ試してみるといいかもしれませんね
遠征の際には
遠征の際に高速を使う場合は
耳栓つけるといやな雑音が減って
疲れにくいので試してみてください。
(車が高級車になったみたいです)
3Mの耳栓を使っていますが
音楽はよく聞こえるのでお勧めなんですが
ライブ用の耳栓とかもあるようなので
いろいろ試してみるといいかもしれませんね
Re: 堀の内城の縄張り分析
丸馬出様 ご来訪ありがとうございます。

 堀之内城の北端が本郭であったとする推論、面白そうですね。
 そもそも堀之内城は土豪が守るには広すぎますから、小勢で
守れる最終防御区画は欲しかったことでしょう。

 堀之内城と布引観音北尾根遺構はセットで複合要塞だったの
だと私も思います。
 堀之内城北下、千曲川の南の細長い地形もどこかで堀で区切
っていたのではと妄想しています。
 周辺にはまだあやしい地形があり、いつか踏査したいと思っ
ています。

> 堀の内城の縄張り分析を
> 記事にしましたので読んでいただければ
> 幸いです。
> 堀の内城、釈尊寺、楽巌城は
> 砥石城に匹敵する複合城砦のようですね
> ひとつの縄張り図にまとめてみたいですね
堀の内城の縄張り分析
堀の内城の縄張り分析を
記事にしましたので読んでいただければ
幸いです。
堀の内城、釈尊寺、楽巌城は
砥石城に匹敵する複合城砦のようですね
ひとつの縄張り図にまとめてみたいですね
Re: おそらく
丸馬出様 御来訪ありがとうございます。

 この北尾根遺構群は、縄張の単純性、塁壁の低さ等
から、武田以前であることは明白ですね。
 楽厳寺城と堀の内城は三日月堀の存在や堀幅等から
武田侵攻後の香りがします。
 堀の内城は三日月堀部分のみが武田期の増設である
可能性もあると思います。
おそらく
今回武蔵様が発見した遺構は武田氏の鍬立以前の姿
の確率が高そうですねえ。
(布引城とでもいいましょうか)
そうしますと、楽巌寺城と堀の内城は武田氏による
新規の鍬立の可能性もでてきますねえ
Re: すばらしいですね
丸馬出様 御来訪ありがとうございます。

 こだわって徘徊していると、たまには、いいことがあるもんですね。

 最初は違うかなと思っていたのですが、堀切と竪掘と登り土塁が連動
しているのを発見した時には思わず声をあげてしまいました。

> 今まで知られていない遺構をみつけるなんて
> すごいですねえ。
> 縄張り図のUPありがとうございます。
すばらしいですね
今まで知られていない遺構をみつけるなんて
すごいですねえ。
縄張り図のUPありがとうございます。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード