FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  群馬県板鼻城 ~ 超攻撃型要塞

群馬県板鼻城 ~ 超攻撃型要塞

 みなさん、こんにちは。

 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。

 平成21年5月31日に、板鼻城に行ってきました。

 

板鼻アク

 板鼻城は、群馬県安中市板鼻にあります。

 JR信越本線安中駅の北東約1.5キロ、中山道が碓氷川を渡る地点の北岸、板鼻宿を見おろす位置にあります。

itahana.jpg

 板鼻城は、雄大な規模と、技巧的な縄張りを持ちながら、築城や城主に関する記録は残っていません。

 

IMG_2189.jpg

 

 碓氷川の南岸から見た、鷹ノ巣出丸です。20年前に登ったときは、頂上に削平地がありました。

 

 1563年頃、武田家真田幸隆が築城した岩櫃城に構造(本郭から竪堀が放射状に伸び、そして屈曲させられている)が似ていることから、板鼻城は、武田氏により築かれたと推察されています。

 

IMG_2191.jpg

 

   小丸田出丸には、現在、安中市老人福祉センターが建っています。

 

 1564年、武田信玄は、安中城と松井田城を奪取します。

 

 この時点で西上州で信玄に逆らうのは、箕輪城の長野氏だけとなりました。


 そこで信玄は、安中から更に箕輪城に近いこの地点に、箕輪攻めの拠点として、板鼻城を築いたのだと思われます。


 

IMG_2192.jpg

 

          小丸田出丸から、板鼻宿を見おろしました。

 

 二年後の1566年、信玄は箕輪城を奪取し、長野氏は滅亡、西上州はコトゴトク信玄の傘下となったのでした。

 

IMG_2195.jpg

 

    本郭は果樹園となっていました。掲示板や石碑はありません。

 

 板鼻城の構造を評価するのなら「超攻撃型」とするのが、ピタリとあてはまります。守って持久するのではなく、積極的に敵を引き込んで殲滅する! 武田的な防御思想です。

 

IMG_2196.jpg

 

              塁壁地形が各所に散見されます。

 

 南から直接、板鼻城に取り付くと、鷹ノ巣出丸と、小和田出丸からの伏兵に挟撃されます。

 

 勿論、板鼻本城からも堅堀を出撃路として反撃の兵が繰り出されます。敵が堅堀から攻め登ろうとすると、堅堀が屈曲して先を見通せない中、両脇の郭上から矢玉が降り注ぎます。

 

IMG_2197.jpg

 

               塁壁を背にした、住宅・・・

 

 今回、イロイロト調べて、板鼻城と岩櫃城が同時期に築かれたことを、つきとめた時には、プチ感動でした。岩櫃城は真田幸隆が築いた・・・ 間違いない!

 

IMG_2198.jpg

 

          こちらも塁壁と郭の様に見受けられます。


 何の保護措置も取られぬ中、戸建てやマンションが建設され・・・ 10年もすると跡形も無くなってしまう事でしょう。


 悲しいことです・・・

 

 ホームページ「土の城への衝動」 http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/


 

スポンサーサイト



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード