FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  金沢柵(6) ~ 元和8年破却

金沢柵(6) ~ 元和8年破却

 金沢柵の最終話です。

GEDC3441_20120916163236.jpg
 兵糧郭です。

*小野寺氏は、戦国後期に入ると衰退の道をたどり、版図を次第に縮小させます。

p013.jpg
*小野寺氏は、関ヶ原で西軍についた為、所領を没収されてしまいます。

GEDC3450.jpg
 本丸へ向かう「A」の小口です。

*1602年、佐竹氏にこの地が与えられます。

 日本城郭体系によると、佐竹の将東将監と梶原美濃が金沢城を受け取ったということです。

GEDC3451.jpg
 本郭へ向かう「B」の小口です。

*小野寺旧臣による不穏な動きに備える意味もあったのでしょうか、金沢城はその後も存続しました。

 前レポートで述べた、檜山城と金沢柵の類似性は、同時期に佐竹氏の手が入った可能性を感じますね。

GEDC3452.jpg
 本郭です。

*金沢城が破却されたのは元和8年(1615年)のことです。

GEDC3467.jpg
 西側からの遠景でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「東北の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード