FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  長谷堂城(1) ~ 直江兼続着陣

長谷堂城(1) ~ 直江兼続着陣

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成24年8月12日、お城仲間のMさんと長谷堂城に行ってまいりました。

長谷堂アク

 山形県山形市長谷堂にあります。

GEDC3299.jpg

 大河ドラマで取り上げられて以来、看板等が充実していますので、近くに行けば到達できます。

*長谷堂城は、北の関ヶ原合戦「長谷堂城の戦い」の激戦地として知られています。

GEDC3298.jpg
 駐車場の脇には、観光用に一部復元された総構えの堀があります。

*関ヶ原合戦前夜、上杉景勝は東北を併呑し、東北の兵を率いて、関東に侵攻するという壮大な計画を立てていました。

 まずは、最上氏を降伏させる。そうすれば様子見の秋田の諸将は上杉の傘下へ馳せ参じる。東北の過半が上杉となれば、伊達氏も上杉に従わざるを得ない。

 上杉家120万石、最上家24万石、その兵力差をすれば難しい計略ではないと踏んでいたのでした。

GEDC3300.jpg
 山城部分の登り口です。

*事実、石田三成が「徳川家康の非を鳴らす文面」を撒くと、東軍として山形に詰めていた秋田の諸将は自領へ引き上げ、伊達氏は上杉氏へ和睦の打診をしています。

p003.jpg
 西側から見たイメージ図です。本当はもっと段々があるのですが、描写力が低い為省略しています。

*上杉景勝は、直江兼続に2万の精鋭を預け、最上領へ侵攻させます。

 1600年9月13日、直江兼続は長谷堂城北西約10キロにある畑谷城を落とします。

 畑谷城はなで斬り ~ 農民も含め皆殺しにしました。

 「上杉軍は農民も殺す!」

 その知らせを聞いた最上領の農民が庇護を求めて山形城へ殺到する。山形城は兵糧が早く欠乏する。山形城を早期に降参させる為の作戦でした。

GEDC3301.jpg
 八幡神社の郭です。

*しかし、直江軍は山形城を包囲することが出来ませんでした。

 長谷堂城をそのままにして、山形城を包囲すれば、長谷堂城から背後を突かれるからです。

 直江兼続は、畑谷城なで斬りの翌日、長谷堂城北西約1キロの菅沢山に本陣を置きます。

 山形城との連携を断つため、山形城方向にも部隊を展開させました。

GEDC3305.jpg
 長谷堂城から見た、菅沢山です。兵士一人ひとりの動きが見て取れる近さです。

GEDC3302.jpg
 帯郭群の表示です。菅沢山の直江本陣の正面に位置しています。

 直江兼続が本陣を置いたのを確認して、最上軍の守将志村光安が急ぎ普請させたと考えられています。

GEDC3304.jpg
 これが帯郭のひとつの写真です。急ぎ普請したので、崩れてしまっている感じです。イメージ図では描写力が足らず5段しか描けていませんが、実際は12段あるそうです。

 「長谷堂城第2話・後詰粉砕と刈田挑発」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「東北の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード