FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  米沢舘山城(4) ~ 角馬出し兼内枡形

米沢舘山城(4) ~ 角馬出し兼内枡形

 舘山城の第4話です。

p001.jpg

 北側から見たイメージ図です。

 二郭と本郭を隔てるのは堀と土塁です。そして堀は本郭側にあります。

 これは攻城兵が図の右側から殺到し、本郭が先に陥落した場合、二郭で持久しようとする防御構想であると思われます。

 その場合、馬出しは内枡形として機能することでしょう。

GEDC3210.jpg
 本郭側から馬出しを撮影しました。

GEDC3175.jpg
 二郭側から撮影した馬出しです。

 馬出しも枡形も往時は石垣造りであったことでしょう。伊達政宗がこの地を去る際の破城は徹底したものであったようです。

GEDC3181.jpg
 本郭の表示があります。

GEDC3182.jpg
 本郭の、図、右側の土塁です。

GEDC3185.jpg
 図、右側から本郭への道は、屈曲侵入路となっています。写真を撮ったのですが藪で何だかわからない写真ばかりで・・・ せめて北門跡の表示を掲載します。

 イメージ図でムードを感じて頂ければ幸いです。

 「舘山城第5話・巨大連続堀切」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「東北の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード