FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  桧原城(5) ~ 摺上原でお役御免

桧原城(5) ~ 摺上原でお役御免

 桧原城の最終話です。

GEDC3103.jpg
 左が二郭、中央堀、右が本郭です。

*伊達政宗は、桧原城主に後藤信康を据えました。

GEDC3129.jpg
 本郭への小口を登っていきます。左側の土塁上からの攻撃にさらされる構造です。

*伊達軍はその後東部戦線で領土を拡大し続けました。

 同僚がどしどし戦功をあげているのに、自分は雪深い山間部の在番で戦功をあげる機会にも恵まれず、寒いし・・・

x006_20120826114248.jpg
*後藤信康は、主君伊達政宗へ、配置替えのお願いの手紙をしたためました。

GEDC3130.jpg
 本郭への入口です。

*しかし、伊達政宗はもうすこし頑張るように返事を出しました。

GEDC3134.jpg
 本郭の土塁上から、二郭を撮影しました。

*その上で政宗は、後藤信康を慰撫するため、正室の愛姫から後藤信康へ内掛けを送らせました。

 粋な計らいですね。

GEDC3131.jpg
 本郭です。最終防衛拠点であり、数十人が籠れる規模です。

*後藤信康が在番を始めて4年後、伊達政宗は摺上原の戦いで芦名軍を撃破し、芦名氏を滅亡に追い込み、会津を手中に収めました。

 会津が伊達領となったことで、桧原城は国境の城ではなくなり、お役御免となったのでした。

 後藤信康は、寒冷な桧原領を離れることが出来ました。

GEDC3136.jpg
 米沢領との国境の峠から見下ろした、桧原領の写真でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「東北の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード