FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  津川城(5) ~ 蒲生家復帰

津川城(5) ~ 蒲生家復帰

 津川城の最終話です。

GEDC3052.jpg
 津川城の別名「麒麟山城」の城址碑です。

x001_20120825083723.jpg
*1600年、関ヶ原の戦いが生起し、徳川家康が勝利します。

 藤田信吉の時流を読む目が正しかったことが証明されました。

 上杉景勝は、会津を召し上げられ、120万石から、30万石へと減封されたのでした。

 あのとき、藤田信吉の進言に耳を貸していれば・・・

GEDC3051.jpg
 城址碑の裏側には枡形っぽくへこんでいる場所があります。北側の郭たちからの通路があったと思われます。

*上杉景勝の後に会津へ入ったのは蒲生家でした。

 津川城には、岡半兵衛重政が入りました。

GEDC3053.jpg
 本丸と金上神社を遮る堀切です。

*岡氏の時代に、石垣が詰まれ、一ノ木戸、ニノ木戸などが整備されたと推定されます。

GEDC3055.jpg
 堀切を隔てて金上稲荷神社があります。二ノ丸から直接堀切を目指して攻め登る敵兵を挟撃出来るよう、神社周辺にも兵士を配置する戦略であったと考えられます。

*1627年、会津には加藤嘉明が入りましたが、その際、幕命により津川城は廃城となりました。

GEDC3056.jpg
 麒麟山金上神社は歴代の城主により信仰されていたが、廃城によりすたれてしまった。

 それを嘆いた地元の人が1741年に祠を再興したとのことです。

r3019.jpg
 南西から見た津川城の遠景です。

 左の矢印の先が本丸で、右の矢印の先が二の丸です。

 地元の皆様にとっては金上氏の城なのに、藤田信吉中心のレポートとなり、誠に申し訳ありませんでした。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「新潟の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード